いるぼん別館★「ウェルテルの恋」と韓ミューの小部屋

「ウェルテルの恋 ~原作:ゲーテ 若きウェルテルの悩み~」再演を心待ちに韓国ミュージカル関連記事を集めます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パク·ウンテ "キム·ジュンス·パク·ヒョシン輝く存在感に乗った"

ミュージカル俳優パク·ウンテがミュージカル "エリザベート"で一緒に呼吸を合わせる俳優たちに対する愛情を精一杯現わした。

ミュージカル "エリザベート"は実在したオーストリアの皇后エリザベートの生涯に "死"というファンタジー的な要素を加えた作品である。皇后エリザベートは、オク·ジュヒョンとキム·ソヒョンが、死役はキムジュンス、パクヒョシン、チョンドンソクが演じる。また、狂気じみた暗殺者ルキーニ役はパクウンテとイジフンが交互に務める。

パク·ウンテは自分と一緒にルキーニ役を演じることになっイ·ジフンと2008年ミュージカル 'ハムレット'に一緒に出演した縁がある。当時、イ·ジフンは、ハムレット役を務め、パク·ウンテはレオティス役を演じた。

パク·ウンテは、 "ハムレット場合は、対話を多くませんでした。距離があったんですよ。ジフン兄さんはすでにスター応えられ、私ばかりのミュージカルを始めたので近くに進展していない。しかし、私にたくさん教えてシリョましたね。今は同僚に見てくださって話もたくさんされたよ "と"ハムレット "の公演当時を回想した。

また、パク·ウンテは "ジフン兄さんは私が出会ったミュージカル俳優のマイケル·リー兄の次にマインドが素晴らしいです。私も学び、見習うべき偉大な方です "とイ·ジフンの敬意を表した。

"俳優として本当に多くのことを学ぶことになりました。マイケル·リー兄もでもジフン兄さんはファン、人気にこだわらない。舞台で楽しみながら何かに縛​​られてもいない。席や人気に縛られている方々がかなりいるんですよ。私もその一人一人だったんです。チケットパワーこのような言葉にたくさん揺れてストレスもたくさん受けましたよ。しかし、 "ジーザスクライストスーパースター"をしながらマイケル·リー兄を学び "エリザベート"をしながら、ジフン兄さんに学びながら、そのようなもの下に置くことになりました。 "

そして、パク·ウンテは、 "エリザベート"で初めて呼吸を合わせることにしたNEWエリザベートキム·ソヒョンの "本当に素晴らしいです。なぜ誰もキム·ソヒョンキム·ソヒョンかもわからない。作品をしてみたら分かるんですよ。俳優としての深さもあり、人と接する際に打ち解けについてください。前回のラン回すことを見てきた短い1か月の間、完全に表現をしましたよ。最高だった "とキムチになっ賞賛した。

"私が思うにソヒョン姉さんがエリザベートを一番よく表現できるベースを敷いているようだ。エリザベートは、幼い頃から死ぬまでを演じ必要があり、ソヒョン姉さんが今まで子供としても多くみたので、とてもよく似合う。また、母親ので劇中で子供が死んだ時の感情を最もディテールに表現することができると見てください。また、音楽的にも素晴らしい橋じゃないですか。もちろん、オク·ジュヒョン·ソニョン姉もよくおられますが経験では、誰が見てもソヒョン姉さんがエリザベートを最もよくすることができる気を持っているのでよくすることができないかと思います。新しいエリザベートが出てきそうなので大いに期待しています。 "

今回の "エリザベート"キャスティングで最も意外なの人物は、まさに歌手パク·ヒョシンだ。パク·ヒョシンは、除隊後のコンサート以外の活動をせずにいたので、ファンの期待感が最高潮にせり上がって上がった状況である。さすがパク·ヒョシンが演じるの死はどんな感じだろうか。

パク·ヒョシンの質問を取り出してすぐにパク·ウンテは、 "本当に良い。果たして大丈夫だろうかと先入観があったが、初演時のキム·ジュンスを見た感じです。死は素晴らしいことになってそうなのが感じられます "と感心した。

続いてパク·ウンテは、 "多くの方々がパク·ヒョシンの歌い方がミュージカルに似合うか疑問を持つが似合う。私はそう思う。原体の歌を上手にボイストーンが良く聴いていると "あ〜"と感心していない。もちろん、まだアドリブが強そういえばだが、それはまだ時間があるからさいくと思います。また、実際に見ると、放送でも腕脚の割合が良くてとても素敵ですよ。体使うのも良いと本当にスターだと思う。開幕をした後、パク·ヒョシンの死を見てビックリしましたではないかと思って非常に期待にしてい "としきりに絶賛した。

"キム·ジュンスの死は独歩的だ"と明らかにしたパク·ウンテはパク·ヒョシンがキム·ジュンスに劣らないスター性を表現してくれるだろうと期待を加えた。そして信頼できる後輩でルドルフから死に変身するようにしたチョンドンソクにも賞賛と助言を惜しまなかった。

"ドンソクがまた良いですが、まだ時間がかかるだろうという気がします。ドンソクはしているのが多いが、洗練さが少し落ちる。死は登場した瞬間、観客は圧倒されるほど元気や外観にも見せなければならすることが多いです。変える必要があるでしょう。ドンソクは歌や言うことなく、よく基本的に背が高く、魅力が多くて仕事を得るだろうと思います。ドンソクは、それなりのドラマチックな死を見せてくれないかと思います。スター的な感じではなく、ドラマに解いていくのに最適な死が出てきそうなので楽しみです。 "

それとともに、パク·ウンテは、死は、誰でも行うことができない役割であるので、欲を出してみたことが全くないと明らかにした。彼は "死はじっとしていても現れて輝く方がすればいい。最初から最後まで素晴らしいことになって、それは持って生まれなけれますね。また、嗚咽して感情を爆発させないために、より困難な役割です。だから私は、あえて気すらないです。より多くの魅力を持っている方々に譲歩したいと思います。私までその必要はないと思います "と言っては、"私はチケットの販売にこだわらず、心の余裕を見つけることができる助演ルキーニがわかりました "と自身が引き受けたルキーニの愛情を精一杯現わした。

一方、ミュージカル "エリザベート"は、7月26日から9月7日まで芸術の殿堂オペラ劇場で公演される。

[テレビデイリー 2013-07-10 22:02] 元記事はこちらから

w20130711-7.jpg w20130711-8.jpg

※ジュンスは仕方ないにしてヒョシントートにも差つけられてる? ドンソクくんファイティーン!
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

piroringo

Author:piroringo
本体は韓ドラ「宮」&猫好き独身OL。ここは基本的に本室のミュージカルカテゴリー扱い。「ウェルテル」で頭いっぱいの萌えを鎮める受け皿としてウェルテルと韓ミュー関連韓国メディア記事を日々チェックし集めます!

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。