いるぼん別館★「ウェルテルの恋」と韓ミューの小部屋

「ウェルテルの恋 ~原作:ゲーテ 若きウェルテルの悩み~」再演を心待ちに韓国ミュージカル関連記事を集めます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由渇望したモーツァルト成長痛、アイドルと似ていた

"愛しています。"

一瞬大衆の歓呼を受けながらもややもすると下手すると限りない奈落に落ちることができる。 それがまさに芸能界の法則だ。 その起源はいつからだったのだろうか。 少なくとも'天才'で見なされた音楽家モーツァルトが生きた1700年代までは成立すると見ることができる。

ミュージカル<モーツァルト!>でモーツァルトはものすごい成長痛を体験する。 自由を勝ち取って離れたモーツァルトは人生の甘みと苦味を同時に味わって一指尺成長する。 しかし自ら成長したことを悟った時はすでにお母さんも、お父さんも失った後だ。 彼は結局レクイエム(死んだ人の魂を慰めるためのミサ音楽)を仕上げできず死を迎えた。

幼い時から天才の声を聞いて育ったモーツァルト。彼の人生は人気に生きて人気に死ぬアイドル グループのそれと妙に重なる。 だからだろうか。 チャン・ヒョンスン(BEAST)が挑戦した<モーツァルト!>では仮想と現実の境界を行き来する何かが感じられる。

チャン・ヒョンスンは<モーツァルト!>を通じて初めてミュージカル演技に出た。 先立って歌手先輩であるJYJキム・ジュンスが成功裏に公演したうえにパク・ウンテ、イムテギョンなどと共にキャスティングされたので負担感また侮れなかったはず。 しかしチャン・ヒョンスンはその全てのものを振り切って天才モーツァルトで、世宗文化会館に立った。

初めてなので下手な面も明確にあった。 彼の動線には乱れることがなかったが十分に予測できることもした。 からだで沸き出る自然な動作というよりは計算された動きに近かった。 しかし彼には歌があった。 生の演技を歌で満たした。 両腕をしゃんと伸ばして愛を渇望する彼の声に公演会場を訪ねた日本観客も拍手を送った。

7月10日公演を始めた<モーツァルト!>は去る4日幕を下ろした。 初めての挑戦を無理なしで消化してもう本業である歌手に戻ったチャン・ヒョンスン。 <モーツァルト!>はアイドルでデビューした彼にも成長痛でありまた、一度の機会であった。 与えられた機会に対する評価は今後彼の歩みで明確にあらわれるだろう。

[オーマイニュース 2012-08-06 17:35] 元記事はこちらから

20120809-3.jpg 20120809-4.jpg

※意外とチャンヒョンスン舞台評が見あたらないのは書きにくかったからかな。。。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

piroringo

Author:piroringo
本体は韓ドラ「宮」&猫好き独身OL。ここは基本的に本室のミュージカルカテゴリー扱い。「ウェルテル」で頭いっぱいの萌えを鎮める受け皿としてウェルテルと韓ミュー関連韓国メディア記事を日々チェックし集めます!

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。