いるぼん別館★「ウェルテルの恋」と韓ミューの小部屋

「ウェルテルの恋 ~原作:ゲーテ 若きウェルテルの悩み~」再演を心待ちに韓国ミュージカル関連記事を集めます。

Archive [2013年06月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

[バクビョンソンの置いてきた手帳】スプーンオンギはもう終わり

韓流ミュージカルのための真のサポートポリシーは? 公務員の仕事をした人々は、一様に難しいとする。手続きを重要視して柔軟性がないギュッと詰まった組織だということだ。仕事をしてみると計画通りにならないことが頻繁にあることだが、原則にこだわったら一緒に働く人々が大変にならざるを得ないだろう。しかし、それは国の資金を運用する人々の基本的態度である。国民が納めた税金を運用することだから、多少息苦しいほど厳し...

CJ危機に直面し、若い文化系 '暴風'懸念

CJ文化財団の若い文化人材を発掘、サポートなど文化芸術支援は、イ·ジェヒョン会長の全面的な支持をもと2013年6月21日、日本東京の繁華街である六本木にあるアミューズ音楽のシアターには、韓国の創作ミュージカルが幕を上げる。新羅時代の人妓生 "ヨル"と "サダム"の運命的な縁を扱ったミュージカルで、韓流スターではなく、イケメンミュージカル専門俳優たちで構成され、韓国ミュージカルにすでに日本の観客たちの関心が熱い。こ...

"15歳の演技は容易ではなかったのです"ミュージカル "太陽を抱いた月 '俳優キムダヒョン

俳優キム·ダヒョンは昨年から非常に忙しい時間を過ごした。軍除隊後演劇 '恋愛時代'でカムバックを知らせた彼は演劇 'M.butterfly'、ミュージカル '西便制'、 'ラカージュ'、 'サンファ別曲'、 '若きウェルテルの悩み "、"ロック·オブ·エイジ "、"アルセーヌルパン 'などにぞくぞく出演した。息つく暇のない忙しい時間だった。初めて挑戦する作品も多く、観客の期待が注がれた作品も多かった。毎作品が彼には熾烈な挑戦だった。険...

"明らかなのは嫌だ"ミュージカル "太陽を抱く月"作曲家ウォンミスル

久しぶりに "作曲家"で観客に会って'ミュージカル'で '音楽'は、建築物の "梁"のような存在だ。建築物の梁がない場合は、材料の重量に耐えることができない。ミュージカルも同じだ。音楽というの中心はすぐに立っていないドラマと演技がいくらすぐれてもどこか不十分に感じられる。このように音楽の基礎工事をする役目が "作曲家"だ。 ウォンミスルは、作曲家、音楽監督として数々の作品を一緒にしてきた。彼女はミュージカル 'ミ...

Menu

プロフィール

piroringo

Author:piroringo
本体は韓ドラ「宮」&猫好き独身OL。ここは基本的に本室のミュージカルカテゴリー扱い。「ウェルテル」で頭いっぱいの萌えを鎮める受け皿としてウェルテルと韓ミュー関連韓国メディア記事を日々チェックし集めます!

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。