いるぼん別館★「ウェルテルの恋」と韓ミューの小部屋

「ウェルテルの恋 ~原作:ゲーテ 若きウェルテルの悩み~」再演を心待ちに韓国ミュージカル関連記事を集めます。

Archive [2012年04月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

ソン・トソプ、私は新羅男妓生だ…ミュージカル'風月主'

古代新羅。 男妓生が身分高い女たちに喜びを与えて接待をする所があったので、名付けて'ウンル'だ。 私の各々の理由を抱いてウンルでに集まった男たちを望むということと月の主人'風月主'と呼んだ。 お客さんを満足させることができなければその場で殺される可能性もある切ない存在らだ。 ウンルで最も人気が高い風月主の'ヨル'は血の色改革中である女王'真性'の絶対的な愛情を受ける。 だが、彼の心はウンルの同僚であり長い間の...

ミュージカル'風月主',練習現場公開…創作ミュージカルの手本

2012年創作ミュージカル話題の中心‘風月主’がベールを脱いだ。4月24日午後ソウル市、鍾路区、東崇洞カルチャースペース エニュ練習室でミュージカル‘風月主’練習現場が公開された。ミュージカル‘風月主’は新羅時代男妓生、風月のヨル、ヨルと格別の友情をわかちあうサダム、天下を持ったがヨルの心だけは持つことはできない真聖女王の交錯した愛、そして胸に響く切ない音楽で公演前から観客らの熱い関心を受けている作品だ。練習室...

リュジョンハン、後輩キムムヨル、チョジョンソクに"上手にしてミュージカルに帰ろう"

ミュージカル俳優で最上の席を守ってきたリュジョンハンが初めてのドラマ挑戦所感を明らかにした。 中央日報総合編成チャンネルJTBC新しい水木ドラマ(脚本キム・ウニ、演出ファン・インレ)製作発表会が23日午後ソウル江南区、新寺洞長天アートホールで開かれた。 この席には演出を引き受けたファン・インレ監督と主要出演陣のキム・ジス、リュジョンハン、チェ・チョロ、イ・アヒョン、ユ・テウン、キム・ジングン、ユンイェヒが...

[SS現場]幽体離脱にメンタル崩壊まで…'ミュージカル皇太子'リュジョンハンの挑戦

"私がこういう席が初めてだと(ぼりぼりと)…申し訳ありません。"23日午後2時ソウル江南区、新寺洞チャンチョナトゥホールで進行された総合編成チャンネルJTBC新しい水木ドラマ'ラブアゲイン'製作発表会。 平均年齢40を超えた老練な経歴俳優ら隙間にミュージカル俳優リュジョンハン(41)が慎ましい表情で一緒に位置した。ミュージカル俳優リュジョンハン(41)には生涯初めてのドラマ製作発表会であった。 この日リュジョンハンは進行者...

‘スリルミー’ ‘光化門恋歌’… K-ミュージカル、東京・大阪揺さぶる

[トレンド]日本へ行く韓国ミュージカル'ストリート ライフ'K-ミュージカル インベイジョン(空襲) 決して誇張でない。 日本で固め打ちする韓国ミュージカルの人気と拡張傾向はそれだけ熱くて早い。 ドラマ、映画、K-ポップで転移してきた韓流がもうミュージカルにまで吹いている。 今年一年日本で公演されたし、公演される予定の韓国ミュージカルは10編内外だ(表参照)。 小劇場から大劇場まで作品の大きさも各々であり、ライセン...

キム・ドンリュル音楽‘建築学概論’に続き‘ラブオゲイン’でも初恋テーマで落下点

歌手キム・ドンリュルの音楽が映画‘建築学概論’に続きJTBC水木ドラマ‘ラブ アゲイン’でも初恋テーマで使われる。JTBCは19日“去る2001年発表されたキム・ドンリュルのソロ3集アルバム タイトル曲‘また愛する話すだろうか’が男女主人公キム・ジスとリュジョンハンの弱々しくてときめく初恋の感性を表現する音楽で落下点なった”と明らかにした。特にキム・ジスは‘また愛する話すだろうか’発表当時ミュージックビデオに主演で出演した...

[ミュー生ミュー死]ミュージカル熱烈ファン100人質問…年1500万ウォン使って、ある作品99回観たマニアも

★1年に50回- 1月平均4.2回きちんと反復観覧平均は16回★1年270万ウォン-化粧品・服値段惜しんでチケット購入…マイナス通帳、積立金ゴマファンも★チョ・スンウが最高-やはり'ジキルとハイド'…女俳優はキム・ソニョンが一番★'風月主'に期待-統一新羅男妓生の話、前売り5分目に8回のため売り切れ良ければ1年に1500万ウォンまで使う。 同じ作品を99度見たこともある。 ボーイフレンドと別れて、化粧品を買えないでもみる…。本紙がCJ E&M...

ミュージカル'ドクトルジバゴ'の屈辱…チョ・スンウなどスター出演にもチケット71%割引

今年前半期最高話題作の中の一つはミュージカル'ドクトルジバゴ'であった。 100億ウォンを越える製作費を入れて1月から長々6ヶ月の長期公演を継続しているところにチョ・スンウ、ホン・グァンホ、チェ・ヒョンジュ、チョンミド、カンピルソクなど主演俳優重量感も格別だった。 最近興行で停滞した姿を見せたこの作品が17日ソーシャルコマースのチケットモンスターで半額に売れる屈辱にあった。 17日から29日まで12回送が商品に上が...

ウェストアンド・ブロードウェー夢見るミュージカル‘ドクトルジバゴ’

切なる歌にのせられた三人の男の愛、1人の女性と観客をひきつけるラリサ・アンティポバ(ラーラ),この頃言葉で表現すれば'椅子女'ぐらいなる。 男1号、裁判官コマロブスキーは彼女を欲望する。 幼くて貧しい少女に清閑一曲の踊る。 ララは流れる音楽に惹かれて彼にからだを任せる。 男2号、若くて学識あるパーシャは革命を夢見る。 後で無慈悲なボルシェビキ幹事に変わるが彼にラーラは以上より守りたい妻だ。 最後に残るとまさに3...

‘エムマ’チョ・ジョンウン、‘ジキルとルーシー’キム・ウヒョン・キム・ソニョン結婚祝歌‘格別な縁’

ミュージカル俳優キム・ソニョン(37)とキム・ウヒョン(31)の結婚式にチョ・ジョンウン(32)が祝歌を引き受けた。 ミュージカル界代表年上年下カップルのキム・ソニョンとキム・ウヒョンは来る5月21日午後6時30分ソウルのある結婚式場で結婚式を挙げる。 この日司会はユ・ジュンサン、チョンソンファが引き受けたし、チョ・ジョンウンが祝い歌を歌う。これによってミュージカル‘ジキルとハイド’の主役だった三人が一つの席に会うこと...

パク・ウンテ ミュージカル‘エリザベート’死役に会うところ“キャラクター完璧消化”

パク・ウンテがミュージカル‘エリザベート’で他の役割を受け持つところだった。ミュージカル‘エリザベート’側は最近出演者らのキャスティング秘話を公開した。 昨年オリンピック体操競技場をいっぱい満たしたミュージカル コンサートで途方もない歌唱力で暗殺者ルキーニの歌の‘プロローグ’と‘ミルク’を歌ったパク・ウンテはその後からミュージカル‘エリザベート’に参加したい心を隠さなかった。 以後パク・ウンテはウィーンで公演...

[キム・ジョンウン記者のバックステージ]ミュージカル‘エリザベート’の舞台転換スタッフ

ミュージカル舞台の上で俳優らと共に公演時間ずっと呼吸するが、絶対観客に姿を表わしてはいけない人々がいる。 まさに舞台転換スタッフ、クルー(crew)がその主人公。 ミュージカル公演をより見れば舞台を分けた幕(カーテン)が開かれて閉じられて場面が転換されて、場面ごとに大小の小道具が変わる姿を簡単に探してみることができる。 客席の観客はこのようなことがあたかも自動機械によって動くもので感じられるほど小道具や幕を...

ミュージカル'隠れた主役'アンサンブル俳優3人会ってみると…

"一週間8回公演、パスつけて生きます"ミュージカル'エリザベート'出演ホン・ヒョンピョ、ホンキジュ、ハンダヨン"主人公もアンサンブルの和音と群舞なければぎこちない"客席では影でだけ映るかも知れない。 だが派手な照明の下で輝く主演の後には常に人々がいる。 1人多役を務めるアンサンブルは、ステージ上の隠れた主役だ。最も多くの汗を流したが、栄光は主演の分け前で取らなければならないこれらの声を聞いてみた。 2月から3...

現実的愛を超越したまま死と向き合った彼女…ミュージカル‘エリザベート’

これよりさらに派手なキャスティングはなかった五感をひきつけるミュージカル‘エリザベート’全席売り切れ記録、ミュージカルの新しい基準をたてる1992年ウィーン初演以後国内に正式に紹介されたことがないことにもかかわらず、うわさだけで2012年最高の期待作で位置づけたミュージカル‘エリザベート’。 去る2月8日プレビュー公演を始め20周年韓国初演の幕を上げたミュージカル‘エリザベート’はすでにヨーロッパで最高の作品と指折...

ミュージカル好きな人、ここに注目!

ミュージカル‘モーツァルト!’、‘皇太子ルドルフ’のサポーターズで活動することになる‘カルチャートラベラー(Culture Traveler,以下CT) 5期’を募集する。来る5月から活動を始めるCTは俳優インタビュー、練習室参観、バックステージ体験などミュージカル製作過程を取材、観客らの気がかりなことを解くメッセンジャー役割をする。 CTには公演製作全般に対する経験と一緒に多様な恩恵が提供される。 200万ウォン相当のミュージカル‘モ...

[アーツリビュー]ミュージカル‘ドクトルジバゴ’小説と映画の境界を越える

20世紀始め激変する歴史のうず巻きの中で生まれた運命的愛のバイブル‘ドクトルジバゴ’。 ボリス・パステルナークが執筆した同名の長編小説が原作のミュージカル‘ドクトルジバゴ’は紛らわしかったロシア革命時代を全身でぶつかってかき分けて行った医師であり詩人ユーリー・ジバゴの波瀾万丈な人生、そして愛を描いた。 1958年パステルナークがこの作品でノーベル文学賞受賞者に選ばれて同名の映画が1966年アカデミー5個の部分で受...

[キャラクターin]ミュージカル‘エリザベート’の死(トート),魂を蚕食する魅惑的なダンス!

キム・ジュンスの‘死(トート)’、独特の存在感で舞台圧倒金髪に黒い翼を持った死の天使が恐ろしいように美しいダンスを広げれば間違いなく‘彼’が現れる。 甘い誘惑の言葉、耳元でささやく幻想のようなメロディは聞く人の胸の内を貫くように心を揺るがす。 ‘私だけが君を理解することができる’という暖かい‘彼’のささやきは冷たく冷めた胸中孤独な心に悪魔のように入り込んで魂を蚕食して行く。ミュージカル‘エリザベート’でストーリ...

[取材]創作ミュージカル'パリの恋人'フレスコール

大人気を享受したTVドラマ‘パリの恋人’をミュージカルで新しくさせた創作ミュージカル‘パリの恋人’フレスコール行事が4月10日ソウル、新道林洞に所在したティキューブアートセンターで開かれた。CJ E&M、(株)ミュジコレブン、チェイコンカンパニーが共同製作して‘マン・オブ・ラ・マンチャ’、‘ナイン’、‘屋根上のヴァイオリン’等を演出したクスタボ・ジャザク(Gustavo Zajac)が演出および振りつけを引き受けた今回のミュージカル...

[取材ファイル]アイドル スターだけ? No! 創作ミュージカルも人気

-ミュージカルにも韓流風去勢…海外輸出も増えて-コンサート場を彷彿とさせる程日本と中国など東南アジアから来た韓流ファンらで劇場は足の踏み場がなかったです。 ミュージカル'キャッチミーイフ ユーキャン'が公演されているソウル、漢南洞ブルースクエア。 外国人観光客はミュージカル ポスターの前で写真撮影もして、記念品を買うために長い列を作るのも拒みません。 キャスティングを見たところ、スーパージュニアの'キュヒョ...

[パク・スンマン院長のキー成長コラム]ミュージカル スターチョ・スンウ、背の暴風成長があったとすれば…

先週病院職員らとミュージカル‘ドクトルトルジバゴ’を観覧した。 春の香りが少しずつ胸で入り込んできたからなのかミュージカルを見に行く終始意分からない胸のときめきで気分が良かった。 ‘ドクトルジバゴ’の男主人公は大韓民国を代表するチョ・スンウと期待感も大きかった。期待ぐらい良いミュージカルだったが観覧ずっと玉の瑕同じ惜しい感じを消せなかった。 主演のチョ・スンウが女主人公との切なる愛を成し遂げる過程で没頭...

チョ・スンウ-ホン・グァンホ2色魅力、ミュージカル‘ドクトルジバゴ’最後の底力発揮

チョ・スンウ、ホン・グァンホ主演のミュージカル‘ドクトルジバゴ’が底力を見せて巡航中だ。 去る1月27日初めての公演を始めたミュージカル‘ドクトルジバゴ’が来る6月3日約5ヶ月間の大長征を終わらせる。 ‘ドクタージバコ’はアジア プレミア公演という対外的な意義だけでなく短い時間に10万観客突破という興行記録を立てて作品性と大衆性を同時に握りしめてくれた。 昨日の5日午後2時、最後の4次チケット オープンを進行したミュー...

ドラマ'パリの恋人' '王女の男',観客500万人動員映画'ワンドゥギ'ミュージカルでまた会う

コーヒープリンス・キャッチミーイフユーキャンン引き続き新しく脚色して相次いで舞台に上がって過去ヒット打った映画やドラマが創作ミュージカルで派手に復活して観客らを手招きしている。ドラマ'パリの恋人''王女の男''美男ですね'が相次いでミュージカルで再誕生してお目見えして映画も'キャッチミーイフユーキャン'に続き500万観客を動員した'ワンドゥギ'が年末にミュージカルで大学路舞台に上がる。 これに先立ちドラマ'コー...

ミュージカル‘エリザベート’ OST正式発売…キム・ジュンス単独発売協議中

観客らの熱い愛を受けて公演前売り率1位(インターパーク)を記録しているミュージカル‘エリザベート’の韓国語OSTが来る31日正式発売される。‘エリザベート’ OSTは去る20日バグスミュージック、メロンなど音源サイトを通じてキム・ソニョンの‘私は私だけのこと’、オク・ジュヒョンの‘何も’、キム・スヨンの‘ミルク’、チェ・ミンチョルの‘キチ’、パク・ウンテの‘ミルク’等5曲を先公開して予約注文を始めた以後来た、オフラインを合わ...

ミュージカル風月、新羅男妓生らの愛の物語

ミュージカル‘風月’の派手な幕が上がる。来る5月4日大学路カルチャースペース エニュでミュージカル‘風月’が胸切なるストーリーと珠玉のようなナンバーらで重武装して観客らの前にお目見えする。新羅時代男妓生が身分高い女たちを接待する所があったのでそちらがすぐに‘ウルル’. 当時の人々は各々の理由を抱いてウルルに集まった男たちを‘風月’と呼んだ。ウルルで最も人気が高い風月の‘ヨル’は血の色改革を行っている‘真聖女王’の...

Menu

プロフィール

piroringo

Author:piroringo
本体は韓ドラ「宮」&猫好き独身OL。ここは基本的に本室のミュージカルカテゴリー扱い。「ウェルテル」で頭いっぱいの萌えを鎮める受け皿としてウェルテルと韓ミュー関連韓国メディア記事を日々チェックし集めます!

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。