いるぼん別館★「ウェルテルの恋」と韓ミューの小部屋

「ウェルテルの恋 ~原作:ゲーテ 若きウェルテルの悩み~」再演を心待ちに韓国ミュージカル関連記事を集めます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[診断]ミュージカル韓流② 韓国ミュージカルはアイドルショー? コミュニケーションが必要な時期

現在、日本に進出している韓国ミュージカルの興行可否はスターキャスティングが左右すると言っても過言ではない。

アイドルを前面に出した積極的なマーケティングと韓国ミュージカル特有の刺激的な音楽、簡潔なストーリー構造、派手な音楽が軽く楽しむミュージカルに飢えていた日本の観客に適切に入り込んで興行を続けている。

一方では、今のような大型ミュージカルの引き続いた興行がキラキラして終わる可能性があるという懸念も聞こえてくる。 "特急アイドルが出演していない作品は興行できないだろう"という現地の分析と一緒に "作品の魅力と俳優をアピールするための手段が必要である"という専門家のアドバイスがあちこちに登場している。

現地で出会った日本の観客たちもこの点を最も懸念している。 東京から連日90%以上の客席占有率を記録している<三銃士>と客席の半分埋めるのも難しい韓国創作ミュージカル専用劇場であるアミューズシアターで公演される作品を例に挙げ、これらはスターキャスティングの有無に基づいて克明に分かれる興行への懸念が混ざった声を出した。

地元の観客は、韓国ミュージカルがK-POPを前面に出した韓流の流れを適切に乗って入ってきて名前を知らせているが、韓流の下落が始まると同時に、一番最初に打撃を受けることになるだろうと分析した。 アイドルの人気が低下したり、人気が中途半端なアイドルをキャスティングした場合、今のような興行を保証することができないという意味だ。 これは、作品の魅力やミュージカル俳優たちの顔を知らせたが、今後集中する必要があるアドバイスにつながった。

日本国内のミュージカルファンは韓国のミュージカル俳優たちに友好的である。 特に、SNSを通じてファンと積極的にコミュニケーションする俳優たちの名前まですらすら覚えていた。 <三銃士>もキムボムレ、ミンヨンギ、シンソンウなどはもちろん、アンサンブル俳優たちまで言及してファンを自ら要望した。 さらに "マトパル関係の俳優たちの新しい公演が開始されると、これを見るために韓国を訪れる"と言う観客もいた。

これらは俳優と観客がフレンドリーでなかった日本公演文化と対照的である韓国公演界の現状を比較し、通信の活用を強調した。 SNSを介して俳優と通信して、パフォーマンスの後には、直接会ってサインも受けて写真も撮ることができる韓国公演文化に向かって衝撃と述べた。 した観客は、 "俳優にプレゼントを送ったところSNSに認証ショットで感謝のメッセージを送った。 感激して涙が出そうになった。 生涯彼のファンになるだろう "と述べた。

このような反応に注目してみる必要がある。 現在の日本の俳優は、舞台と私的空間が区分されて、観客と俳優が直接会う機会も限られている。 そのため、観客に開放的な韓国の公演文化が保守的なシステムである日本公演市場の隙間を掘り下げできれば、超大型スターがなくても競争力を確保することができるとの予測が可能である。

最も重要な広報手段はSNSだ。 俳優個人SNSと作品の公式アカウントの組み合わせは、かなりのシナジー効果を出すことができる。 俳優、制作会社とのコミュニケーションが自由であることは、素朴な配慮にも感動してまっすぐに忠実なファンだということにつながる日本の観客たちの心を捕らえることができる最も簡単で効果的な手段である。

加えて韓国でよく開催される "観客との対話"などのイベントも拡張される必要がある。 韓国ではおなじみの方法であるが、日本では観客と俳優が一緒に作品を論じる場がまだ不慣れである。 同様の方法でサイン会と舞台挨拶、仕事帰り(公演後待って観客たちと短く会ってサイン、写真を共有できる時間)など韓国のマーケティング手法をそのまま活用することも検討してみる価値はある。

最近日本に進出した韓国ミュージカルがすべて興行するかのように見られているが、現実は断言できない状況だ。 作品についての認識が広がってはいるが、まだアイドルの影響力が絶対的だ。 しかし、多数のアイドルを集めた作品が興行に失敗した事例もあるので、韓流の崩壊が始まると、ミュージカルから打撃を受けることになるという危機意識が蔓延した状態だ。

現地で出会った日本の観客は、韓国ミュージカル特有の楽しい楽しいと俳優たちの演技力、歌唱力に魅了されていた。 ミュージカル鑑賞のためソウルを訪れるファンも徐々に増えている傾向にある。 業界ではこの現象を詳細に分析し、コミュニケーションを加え、韓国ミュージカルだけのはっきりした色を積極的に推進する必要がある。 今は明らかにアイドルに依存している現在の構図から抜け出して、長期的に観客を集めることができる新しい状況を計画しな​​ければならない時期だ。

[ユニオンプレス 2013-08-23 08:43:00] 元記事はこちらから

※最後締めの一文に、アミューズの挑戦がいずれ実を結び花咲くことを確信!
でもいずれそんな日が来たとしても、いま上演中の"兄弟は勇敢だった"をこのままみすみす苦戦のまま終わらせるにはあまりにも残念すぎる(>__<)


w20130824-5.jpg
アミューズ・ミュージカルシアター第4弾
"兄弟は勇敢だった"公式サイトはこちらから

当日券は見切れではありますが3000円ポッキリ!
いまなら来週のチケット、ペアでご招待のサイトもありますのでぜひチェック~(こちら

強力ライバルでした(?)"三銃士"も今日で千秋楽、夏の最後の想い出にいかがでしょう。
笑って笑ってそして心の汗をたっぷり流して、老若男女、家族のありがたさに心ほっこりするステキな作品です。騙されたと思ってぜひに!
スポンサーサイト

[診断]ミュージカル韓流① 日本進出は100%興行保証?


我々は、様々なメディアを通じて、 "K-ミュージカル 'という用語を頻繁に聞く。 日本に進出した韓国ミュージカルの興行するたびに登場する用語で、K-POPで形成された韓流の風を引き続くという風を込めてミュージカル界が作り出した言葉だ。

この用語が自然に受け入れられるほど日本内の韓国の大型ミュージカルの人気は熱い。 国内興行かどうかにかかわらず、日本で旋風を巻き起こしたという知らせを吐き出して凱旋将軍のように戻ってくる作品も難しくないように会うことができる。

東京現地で確認した韓国ミュージカルの人気は驚くべきだった。 2000席以上の渋谷 "文化村オーチャードホール 'で公演中の<三銃士>は完売に近い観​​客を動員し、カーテンコールで全席スタンディングオベーションを引き出した。 拍手と歓声は、この日のダルタニャンに出演しているジュンケイ(Jun.K)はもちろん、すでに<ジャックザリッパー>に顔を知らせたシンソンウ、ミンヨンギ、ギムボムレなど三銃士にも惜しみなくあふれた。

公演後に出会った10人余りの観客は作品のすっきりとした楽しさと俳優たちの演技に対する褒め言葉を惜しまなかった。 三銃士一人一人の話とダルタニャンとコンスタンスのラブラインを十分に生かし、Jun.Kも男の子とも同じイメージで登場して可愛かったという評価が主をなした。

これらが劇場を訪れた最大の理由は、Jun.Kの出演であった。 実際のアイドル俳優たちが主に担当した "ダルタニャン 'にキャスティングされた俳優たちによってチケット販売数が大幅に左右されていた。 公演の中で前の座席にもかかわらず、オペラグラスを持参した観客たちは、Jun.Kが登場するたびに、彼の顔が沿って移動することも多くあった。

このようにアイドルを前面に出した戦略は的中した。 最も良い席のチケット価格は現在、東京で公演中のミュージカルの中で最も高い1万6千円(約18万ウォン)にもかかわらず、最良の座席は早目に売り切れた。 日本国内のミュージカルの平均原価である1万5百円(12万ウォン)よりも大多数の韓国ミュージカルがはるかに高かったが、簡単に見ることができないアイドルスターの演技を目の前で見ることができる機会を逃すことはなかった観客たちは説明した。

しかし、アイドルの出演がすぐに興行につながるという公式はズレている。 今年の夏のスーパージュニアのソンミン、超新星のソンジェとジヒョク、ダブルエス501(SS501)のホヨンセン、U-KISSケビンとスヒョンなどスター級アイドルが大挙出演した<サマースノー(Summer Snow)>が大阪、東京公演で満足な興行を記録していなかったからだった。

日本の観客はこれを '韓国ミュージカル=アイドル'として解釈される構造が壊れ始めたと分析した。 アイドルのために劇場を訪れた観客たちが今作品の魅力も一緒に見始めたということです。 これらは<三銃士>を向けても "派手な舞台と衣装、世界中の誰もが簡単に受け入れることができるストーリー、個性の強い俳優たちの演技とエキサイティングなカーテンコールまで日本では簡単に会うことができない公演 'のため再観覧観客が増えていると評価した。

作品性の面で韓国の創作ミュージカル専用劇場であるアミューズシアターは、さらに一歩前進した。 <カフェイン>、<風月主>、<シングルズ>、<兄弟は勇敢だった>など検証された中·小劇場作品で勝負を投げた。 しかし、あまりにも前に出て行ったせいか、不十分な興行成績を出している。 15日(木)までチチャンウクが舞台に上がった<兄弟は勇敢だった>だけでは通常の作品よりも多くの観客を動員した。

アミューズ·シアターの作品は、韓国ではマニア層の支持を受けたり、大衆的に興行した作品をラインナップに構築して、価格と劇場立地(六本木)の面で初期の期待を集めた。 しかし、平均3週間しかない公演日程と劣悪な製作費の問題により、小劇場から中劇場での舞台の拡張と動線の変化に苦労し、確立されていない韓国ミュージカルのインフラストラクチャとスター不在、広報不足などの問題が重なり、苦戦を強いられている。

韓国ミュージカルの日本進出は2000年代半ばまで大きく目立たなかった。 大劇場公演は、<ジキルとハイド>、<マンオブラマンチャ>程度にとどまった。 しかし、2000年代後半アイドル歌手たちが旋風的な人気を得るために開始し、これらを前面に出した作品が "韓流"に乗って続々と並び始めた。 "高価ですが、アイドルスターを三時間余り見ることができる機会"という認識は、ここから出発した。

アイドルを前面に出した音楽が相次いで人気を呼ぶと制作会社は "K-ミュージカル 'という新造語まで作り出して日本進出を急いだ。 パクギュリ(カラ)を前面に出した<美女はつらいの>、キムキュジョン(SS501)とソンモ(超新星)の<宮>、ユンホ(東方神起)とジオ·スンホ(エムブラック)、ソンジェ(超新星)、チェミンファン(FTアイルランド)、ケビン(帝国の子供たち)、ソンギュ·ウヒョン(インフィニット)の<光化門恋歌>などが続々と舞台に上がって高い価格にもかかわらず、興行を継続した。

これらのほとんどは、作品性に好き嫌いが分かれる創作ミュージカルだった。 アイドルキャスティングするかどうかに基づいて興行可否が分かれる場合も多かった。 韓国ミュージカル興行の大部分を占有している海外のライセンス作の著作権は韓国に限った場合が多く、日本進出まで成功させるには難しかったからであった。 したがって、各制作会社はアイドルを前に出したマーケティングに集中せざるを得なかった。

最近では、一段階進化してMミュージカルアートが<ジャックザリッパー>と<三銃士>のアジアの販売権を確保し、これをスターとアイドルマーケティングと融合させ、昨年から連打席ホームランを記録している。 日本の観客に慣れている 'ジャックザリッパー'と '三銃士とダルタニャン "の話を単純に解きほぐして、ここに簡単に会うことができないスターたちのキャスティング、華麗な舞台と衣装を組み合わせた部分が功を奏した。

日本で会った観客と関係者たちは韓国ミュージカルの成長の可能性に対して好意的だった。 アイドルがマーケティングの中心に立たなければならないことには異論がなかったが、韓国ミュージカルの魅力に目覚め始めた観客たちは、これに加えて作品の魅力を伴うなければなら興行を着実に継続できると助言した。 と観客に馴染みの話、派手な舞台など十分な見どころも重要だと付け加えた。

日本国内の韓国ミュージカルの位相は、様々なメディアの称賛とは異なり、不安定な状況だった。 劇団中心に運営される日本公演界のインフラがあまりにもしっかりしており、海外ツアーの公演も難しくないようにみえた。 こうした中、韓国に劣らない作品数を誇る東京で不利な環境を開けて劇場をいっぱいに満たすことができるという点は明らかに鼓舞的だった。

現在、日本の観客の視点はアイドルから俳優に、俳優から作品に拡大している。 これにより今後の日本進出作の成功は、自然の素晴らしさとスターキャスティングが加わった韓国の興行構造をたどる可能性が高い。 今アイドルを前面に出して進撃するよりも、彼らの文化的コードを読み取り、隙間を掘り下げ作戦を立てることに集中しなければならない。 韓国ミュージカル界の日本進出は明らかに好機を控えており、オフシーズンが続いている韓国ミュージカル市場の代案に違いない。

[ユニオンプレス 2013-08-21 08:05:49] 元記事はこちらから

w20130824-3.jpg w20130824-4.jpg

※アミューズの挑戦が早すぎたのか?いや、いまこそが好機!
"日本の観客の視点はアイドルから俳優に、俳優から作品に拡大している"って、これようやくジワジワときてますきてます(>_<)

日本国内のミュージカル韓流は '目の錯覚 "..."冷静な分析が必要 "


アイドル前面に出した大規模な作ヒット中の地元の創作ミュージカルは '不振'

"K-ドラマ、K-POP ...次はK-ミュージカルだ。"


4月に東京のど真ん中に韓国のミュージカル専用劇場であるアミューズミュージカルシアターがオープンし、国内ミュージカル界は精一杯鼓舞された。

創作ミュージカルが対日文化コンテンツ輸出力がなるだろうという見通しが出て、政府は、ミュージカルの世界5大キラーコンテンツの一つ選定し積極的に支援に乗り出した。

しかし、現在の日本国内の韓国ミュージカルは、ビジネスモデルに応じて "温度差"が激しい。 アイドルを前に出した大型ミュージカルは売り切れ事例を記録して常勝疾走しますが、大学路小劇場ミュージカルは不振を免れなくなっている。

専門家たちは、このような相反した姿に "いくつかの大規模な作品の人気に促された雰囲気に便乗して無分別な進出を推進するよりも、韓国とは違う日本国内ミュージカル市場の冷静な評価が優先されなければならない"と助言した。

◇韓国在来種作 '寒い' ...アイドル出演洋モノ '大当たり' =

9日、東京のアミューズミュージカルシアター。 韓国ミュージカル専用劇場であるここでは '兄弟は勇敢だった'が公演された。

しかし、劇場の客席は901席の中の半分も占めた。 KBSドラマ '笑ってトンヘ'などの日本放映に地元のファンを確保したチ·チャンウクが主役として出演したが、開幕したか十日目になりながら、チケット販売率は落ち込んだ。 東京都内最大の繁華街である六本木という劇場立地を考慮すると、低調な興行成績だった。

一方、10日ミュージカル '三銃士'の開幕公演が開かれた東京文花村オーチャードホールは2千客席がすべて埋まった。

グループ2PMのジュンケイを主役に立てた公演は悲鳴に近い歓声と拍手喝采が入り混じった熱い反応を引き出した。

製作会社エムミュージカルカンパニー側は、先行抽選(フリーリーサブ·一般発売前のチケット希望者を募集した後、抽選で表購入者と席を選定する日本特有の販売方法)などで、すでに開幕前損益分岐点を上回る売上高を達成した説明した。

'三銃士'と '兄弟は勇敢だった "は、日本国内の韓国ミュージカルの相反するビジネスモデルをよく示している。

まず、 '三銃士'の場合、日本で強力なファン層を形成している2PMのジュンケイ、スーパージュニアのキュヒョン、2AMチャンミンなどを前面に打ち出した。 日本の中年主婦を中心に形成されたアイドルの人気を興行に利用するという計算だ。

作品も、国内創作品である必要はない。 チェコ円作詞者からのアジア公演権をを買い入れて派手な舞台演出を加味した高級大型ミュージカルに再加工した。

製作会社側は "昨年同様の戦略で日本舞台にあげた 'ジャックザリッパー'が日本ミュージカルの売上ランキング7位に上がった"とし、 "これまで現地の反応を考慮すると、三銃士は5位まで見渡すことができるだろう"と展望した。

一方、 '兄弟は勇敢だった'は作品が韓国籍であることを強調する。 韓国ミュージカル専用劇場を標榜した劇場は "六本木の中の小さな韓国 'で作られた。 ロビーに設置されモニターには、サイのミュージックビデオが出てきて、 'ナンタ'など韓国ミュージカルを紹介するリーフレットがあちこちに置かれた。

出演料が高いアイドルは使わない。 代わりに高価なチケット価格のためにミュージカル市場で疎外されてきた日本の若年層に完成度の小型ミュージカルを紹介するというのが劇場運営主アミューズ社の方針だ。

しかし、この作品の前に上演された 'カフェイン'、 'シングルス'、 '風月主 "を興行で惨敗したことが知られている。

◇ "'ミュージカル韓流"は錯覚。冷静な市場分析が必要 "=

韓国ミュージカル界が'ミュージカル韓流"と促されたことについて、一部では、地元の市場を冷静に分析し、現実を直視しなければならないという声が高い。

現在、日本国内のミュージカル韓流 "は、ジャンルや作品自体の力というよりは" K-POP韓流 "から派生した"錯視効果 'であるということだ。 また、20~30代を主なターゲットとした国内創作小品の場合、40~50代の主婦が主需要者である日本でどのように活路を開拓するか考えなければならないという指摘もある。

日本進出が予定され '女神様が見てる "を製作したヨヌ舞台のユインス代表は"日本のミュージカル市場は、若年層の需要が事実上ほとんどないとされている "とし、"冷静に言えば、20~30代をターゲットにした国内大学路ミュージカルは、日本で成功するのは難しい "と分析した。

実際のアミューズミュージカルシアターを作ったアミューズ社大里洋吉会長は最近、第2回ソウルミュージカルフェスティバルの講演会で、 "率直に言って、日本で韓国作品が宣伝している状況ではない。想像以上に(若年層)マーケットがない"と困難を吐露し"(当初専用館に運営しようと計画を)白紙化し、来年には西欧の音楽も劇場のプログラムに編成する計画 "と述べた。

しかし、 'ミュージカル韓流 "の可能性が全くないわけではない。

20~30代の観客の発掘のための "呼び水"として韓国ミュージカルを日本にかけた大里会長は、 "プロモーションの方法を変えながら方法を講じている"と伝えた。

ミュージカル '三銃士'の日本側パートナーであるクアラスの松野博文局長は "アイドルを表示する目的で劇場に来た観客が、後には作品を好きになって戻って公演を探している場合がある"とし、 "今後は韓国をテーマにした音楽に興味を持つ観客も発生するものと見られる "と展望した。

[聯合ニュース 2013-08-13 11:24] 元記事はこちらから

w20130824-1.jpg w20130823-2.jpg

※ツイではすでにご紹介していますがあらためて記録。
この記事を最初に読んだとき、アイドルを多数起用した"三銃士"の大当たりと対比されたアミューズ惨敗評価を悔しく思っていたんですが、これはいまの日本のある意味恥ずべき現実であるだけのこと。良質の作品を実力派俳優を豪華に揃えて上演しているアミューズも言われっぱなしじゃないぞ~という明るい展望記事を次に保存!

パク·ウンテ "キム·ジュンス·パク·ヒョシン輝く存在感に乗った"

ミュージカル俳優パク·ウンテがミュージカル "エリザベート"で一緒に呼吸を合わせる俳優たちに対する愛情を精一杯現わした。

ミュージカル "エリザベート"は実在したオーストリアの皇后エリザベートの生涯に "死"というファンタジー的な要素を加えた作品である。皇后エリザベートは、オク·ジュヒョンとキム·ソヒョンが、死役はキムジュンス、パクヒョシン、チョンドンソクが演じる。また、狂気じみた暗殺者ルキーニ役はパクウンテとイジフンが交互に務める。

パク·ウンテは自分と一緒にルキーニ役を演じることになっイ·ジフンと2008年ミュージカル 'ハムレット'に一緒に出演した縁がある。当時、イ·ジフンは、ハムレット役を務め、パク·ウンテはレオティス役を演じた。

パク·ウンテは、 "ハムレット場合は、対話を多くませんでした。距離があったんですよ。ジフン兄さんはすでにスター応えられ、私ばかりのミュージカルを始めたので近くに進展していない。しかし、私にたくさん教えてシリョましたね。今は同僚に見てくださって話もたくさんされたよ "と"ハムレット "の公演当時を回想した。

また、パク·ウンテは "ジフン兄さんは私が出会ったミュージカル俳優のマイケル·リー兄の次にマインドが素晴らしいです。私も学び、見習うべき偉大な方です "とイ·ジフンの敬意を表した。

"俳優として本当に多くのことを学ぶことになりました。マイケル·リー兄もでもジフン兄さんはファン、人気にこだわらない。舞台で楽しみながら何かに縛​​られてもいない。席や人気に縛られている方々がかなりいるんですよ。私もその一人一人だったんです。チケットパワーこのような言葉にたくさん揺れてストレスもたくさん受けましたよ。しかし、 "ジーザスクライストスーパースター"をしながらマイケル·リー兄を学び "エリザベート"をしながら、ジフン兄さんに学びながら、そのようなもの下に置くことになりました。 "

そして、パク·ウンテは、 "エリザベート"で初めて呼吸を合わせることにしたNEWエリザベートキム·ソヒョンの "本当に素晴らしいです。なぜ誰もキム·ソヒョンキム·ソヒョンかもわからない。作品をしてみたら分かるんですよ。俳優としての深さもあり、人と接する際に打ち解けについてください。前回のラン回すことを見てきた短い1か月の間、完全に表現をしましたよ。最高だった "とキムチになっ賞賛した。

"私が思うにソヒョン姉さんがエリザベートを一番よく表現できるベースを敷いているようだ。エリザベートは、幼い頃から死ぬまでを演じ必要があり、ソヒョン姉さんが今まで子供としても多くみたので、とてもよく似合う。また、母親ので劇中で子供が死んだ時の感情を最もディテールに表現することができると見てください。また、音楽的にも素晴らしい橋じゃないですか。もちろん、オク·ジュヒョン·ソニョン姉もよくおられますが経験では、誰が見てもソヒョン姉さんがエリザベートを最もよくすることができる気を持っているのでよくすることができないかと思います。新しいエリザベートが出てきそうなので大いに期待しています。 "

今回の "エリザベート"キャスティングで最も意外なの人物は、まさに歌手パク·ヒョシンだ。パク·ヒョシンは、除隊後のコンサート以外の活動をせずにいたので、ファンの期待感が最高潮にせり上がって上がった状況である。さすがパク·ヒョシンが演じるの死はどんな感じだろうか。

パク·ヒョシンの質問を取り出してすぐにパク·ウンテは、 "本当に良い。果たして大丈夫だろうかと先入観があったが、初演時のキム·ジュンスを見た感じです。死は素晴らしいことになってそうなのが感じられます "と感心した。

続いてパク·ウンテは、 "多くの方々がパク·ヒョシンの歌い方がミュージカルに似合うか疑問を持つが似合う。私はそう思う。原体の歌を上手にボイストーンが良く聴いていると "あ〜"と感心していない。もちろん、まだアドリブが強そういえばだが、それはまだ時間があるからさいくと思います。また、実際に見ると、放送でも腕脚の割合が良くてとても素敵ですよ。体使うのも良いと本当にスターだと思う。開幕をした後、パク·ヒョシンの死を見てビックリしましたではないかと思って非常に期待にしてい "としきりに絶賛した。

"キム·ジュンスの死は独歩的だ"と明らかにしたパク·ウンテはパク·ヒョシンがキム·ジュンスに劣らないスター性を表現してくれるだろうと期待を加えた。そして信頼できる後輩でルドルフから死に変身するようにしたチョンドンソクにも賞賛と助言を惜しまなかった。

"ドンソクがまた良いですが、まだ時間がかかるだろうという気がします。ドンソクはしているのが多いが、洗練さが少し落ちる。死は登場した瞬間、観客は圧倒されるほど元気や外観にも見せなければならすることが多いです。変える必要があるでしょう。ドンソクは歌や言うことなく、よく基本的に背が高く、魅力が多くて仕事を得るだろうと思います。ドンソクは、それなりのドラマチックな死を見せてくれないかと思います。スター的な感じではなく、ドラマに解いていくのに最適な死が出てきそうなので楽しみです。 "

それとともに、パク·ウンテは、死は、誰でも行うことができない役割であるので、欲を出してみたことが全くないと明らかにした。彼は "死はじっとしていても現れて輝く方がすればいい。最初から最後まで素晴らしいことになって、それは持って生まれなけれますね。また、嗚咽して感情を爆発させないために、より困難な役割です。だから私は、あえて気すらないです。より多くの魅力を持っている方々に譲歩したいと思います。私までその必要はないと思います "と言っては、"私はチケットの販売にこだわらず、心の余裕を見つけることができる助演ルキーニがわかりました "と自身が引き受けたルキーニの愛情を精一杯現わした。

一方、ミュージカル "エリザベート"は、7月26日から9月7日まで芸術の殿堂オペラ劇場で公演される。

[テレビデイリー 2013-07-10 22:02] 元記事はこちらから

w20130711-7.jpg w20130711-8.jpg

※ジュンスは仕方ないにしてヒョシントートにも差つけられてる? ドンソクくんファイティーン!

パク·ウンテ "不足埋めていく楽しみ、その味にサルジョ"

ミュージカル "ジーザスクライストスーパースター(以下ジーザス) '公演を終えたパク·ウンテ(32)には以前よりも濃い余裕と慎重さが感じられた。結婚をした後、より大きくなった責任感からかも知れないが、彼は "ジーザス"を介して下に置くことを学んだとした。そして、そのおかげで不足を満たしていく今は嬉しくて楽しいとも述べた。落ち着きながら気分を良くするパク·ウンテの声に満足することがいっぱい込められていた。

パク·ウンテは先月ミュージカル "ジーザス"の公演を終えた後、すぐにミュージカル 'アリラン - 京城1926年、練習に突入した。 2週間の短いがタイトな練習期間を経て、6月21日から23日までの3日間、DIMF舞台に上がった。そして今は、ミュージカル "エリザベート"の練習に邁進中である。

"エリザベート"は実在したオーストリアの皇后エリザベートの生涯に "死"というファンタジー的な要素を加えたミュージカルだ。パク·ウンテは初演に続いて狂気じみた暗殺者ルキーニ役を担ってイ·ジフンと交互に舞台に上がる。皇后エリザベートは、オク·ジュヒョンとキム·ソヒョンが、死役はキム·ジュンス、パク·ヒョシン、チョンドンソクが演じる。

もう1回ルキーニ役を務めるパク·ウンテは "欲はもっと大きくなったが、それだけ舞台で多くのダウンを取るにならない"と作品に臨む所感を明らかにした。

""ジーザス "をしながら考えがたくさん変わりました。以前はどのように見せて、どうすればならないという考えが多かったら今は流れに自然に任せていると思います。また、初登場時は台詞や歌詞を覚えて音楽を身につけることに多くの時間を入れたが、今はその部分を大まかにつけられているので、さまざまな方法で表現するためのアプローチをしています。 "

もちろん演出のニーズはある。ルキーニが低級な文化を表現する人々であるため、下品な感じをたくさん自分の欲しい良いということ。笑い話をしていたずらをすることはありませんが硬直していることを解放するために努力中というのがパク·ウンテの説明です。

"もう一つの目的は、やはりコンディション調節を上手にして最初から最後まで同じ姿を見せるでしょう。体力はミュージカル俳優の徳目だと思います。思ったよりルキーニの歌が難しいんですよ。もちろん難易度で計算したら、 "ゲッセマネ"が最高ですが、ルキーニは、より多くのエネルギーを出してより多くの音を上げるようになったりして登場するシーンも多いので、スタミナを多く必要としています。首より腐りやすいですよね。その部分を調節しながら勉強しなければならないと思います。初登場時は本当に何の知らないだったが今は期待値が高くなり、負担も大きい方です。 "

それでも大きく負担を持っているわけではない。前述したよう "ジーザス"を介して下に置く方法を学んだからである。舞台で最善を尽くし、その結果を謙虚に受け入れること。

パク·ウンテは、 "この作品を通じて、主演男優賞を受けて人々の中で私が一番拍手をたくさん受けることなどの俳優として持ってはならないことを要求する状況が生じましたよ。 "エリザベート"初演の時そうだったんですよ。しかし、 "ジーザス"をすると、演出が舞台で何をしないように要求INGの。イエスは彼を眺める人々が世話を描く人物だから俳優が何を生み出すの瞬間粗雑に見えることがあるといいました。その言葉がとてもと届きましたよ。すべては視聴者に任せるのです。 "

演出が要求されたラインを保っされて付随的な欲を捨てる過程を経てきたパク·ウンテは ""ジーザス "を、私は後だった僕は、自分への期待は持っている。とても面白いと思います "と変わった心をもう一度伝えた。

- パク·ウンテを捕らえるルキーニだけの魅力は何ですか?

"私はルキーニがこの作品の主人公だとあえて言い​​たい。他の人々はどのように話をしても私はそう思う。実際に原作の内容が本当にたくさん落ちている。ドイツ語原文を韓国語に翻訳すると、二倍は、より多くの内容が込められています。それを暗黙的に表現し、重要な情報のみを包みみると、多くのものが抜けるようになったのです。残念です。ルキーニは最初から最後まで裁判官と話をして、客席は、陪審員がよいです。しかし、劇的な効果を問うために中間の陪審員の話ではなくなったんです。そうするうちにドラマ的な仕組みで残念な部分があったりするでしょう。しかし、音楽のジャンルの特性を生かすための演出者の選択であり、分け前だから私はルキーニが主人公という考え方に私の仕事を熱心にするのです。した新したシーンは本当に楽しいです。 "

- 最も愛着のあるシーンは?

"ルキーニは言わばサイコパスじゃないですか。狂った人であるのです。自分が有名になりたくて、誰かを殺す。上かつ低級な人物です。ルキーニそれなりには以上を持ってエリザベートを殺したかもしれないが本当に考えずに人を殺したのです。即興でカッとし、エネルギーカールした感じが強いですね。だから私は、最初と最後が最もルキーニだと思います。これは本当にルキーニの話のようです。もちろん、 "ミルク"のような曲もいいけど、最初に目を開いてジャッジに文句を言い、最後に首の後ろを結ぶときに一番魅力あります。ルキーニとして示すことができる最も本質的な姿ですよ。もちろん、その間に踊って歌う式の音楽的な要素が加味されているが、ドラマ的にルキーニを愛する最大の理由は、人々を徹底的にナイフで刺すのです。演技に対する喉の渇きがあって見たらそのようなシーンでサイコパスを表現したいんですよ。

- 人を殺す場面を演技しながら喜びを感じられますか?

"舞台で私ができないことをするときに喜びを感じます。ジーザスという人物も同じです。パク·ウンテという人があえて想像もできないことを舞台でするでしょう。それが一番楽しい。 100年の間に毎晩目を覚ましたとき、どれだけイライラやゲトオヨ。しかし、話をし、最後にはまた人を殺すでしょう。首を結ぶことは腹が出るが、また人を殺すことができるのが良くて明日を約束するのです。そう考えると興味深い人物がなるんですよ。いつものように表現をし、これからもそうするつもりです。ちょっとですが、ナイフで刺す前の感じや刺してからの笑顔のようなものを探すのが楽しいです。 "

- 今回 'ハムレット'が再公演されると言っていた?

"機会があればしたいのですが、スケジュールが合わなくてできないことだと思う。そして、 "ハムレット"も本当に素晴らしい作品ですが、できれば新しいことに挑戦したい気持ちが大きいです。した作品を再度するときは、負担もそれだけ大きいからです。 "

- もう一度パク·ウンテの "ハムレット"を見たかったが残念です。

"私も"ジーザス "をしてあるので、もう一度すれば、より良いかと思います。ワンヨンボム演出さんが俳優の演技力は継続して増えていくのではなく、ある瞬間、その枠組みが壊れ、一瞬にして増えることになるとINGの。 "ジーザス"は、私を壊してくれた作品です。ムォンガル表現して見せなければならと思っていた私は、あえてそうしなくて済む実現してくれたのです。もちろんルキーニはそんなことないですね。ルキーニは無理にでもエネルギーを渡す必要がありますね。死のトートは違います。トートはいるだけでも想像にする人物ですよ。村も同じだと思います。怒ったときに、あえ​​て話を出さなくても怒っているのは誰もが知っているから様々なルートの状況に表現することができるじゃないか。演技に対する喉の渇きができました。 "

- その後、演劇の舞台にも挑戦する考えはありますか?

"演劇円欲が多いですね。また、無条件にすべきだと思います。しかし、状況的に合わない場合が多いです。生活も続いていくため、適切な時期を待っています。演劇を一度してみると半分死んで生還したようにする必要がありそれさえも一見の価値ありましたよ。エネルギーは、エネルギーの通りだ必要があるため、ミュージカルの途中で休んでいくコンセプトにすると絶対にしないんですよ。そのため、簡単に気軽にすべきだ、はよくないと思います。しかし、丁度良い時期になると挑戦をしたい。 "

- 映画に挑戦する気もいらっしゃるか?

"私はミュージカルがしたい映画に挑戦したいと思いもあったりするでしょう。もししたら最初から底辺から開始をするとでしょう。しかし、ミュージカルだけに映画に興味があるわけではないんですよ。そうするうちに私の挑戦をすることが映画を一生アップとする方々には申し訳ないんですよ。ミュージカルをしなくて映画をすれば分からないが両方するのはちょっとないようです。もちろん、もし機会ができて気軽に助けて差し上げるされている場合は、第発展に寄与取得したいのですが、興行のための映画に出演するつもりはありません。 "

- 昨年9月に結婚をした後変わった点があったら?

"私は多くの方々に結婚をするように広め​​たい。俳優としてとても自由になりますよ。舞台で集中するようになって責任感も感じます。人気にこだわらないようになるのです。私の妻は俳優は結婚した後、より魅力的に見せるべきだという話をしてくれよ。魅力と実力が必要なのです。以前は外で私を見つめる視線に気を使ったら今は舞台の上でどのように魅力があるのか​​に焦点を合わせながら努力をするようになるからエネルギーを使う部屋は違います。ストレスも少なくてコトコトなると思います。だから、多くの俳優たちと結婚するようしたいと思います。もし結婚してから周囲に人がなくなった場合は、結婚する前に、なぜ人々がいたのかについて質問をすればいい。そして魅力を見つけよ。最も重要なのは、観客が10万ウォン以上のお金を払って来たときにがっかりしないようにする必要があるでしょう。 "私たちの俳優だから" "今日は体調がない良かったが楽しいです"このような評価は、私も嫌だ。下に置いた代わりに、俳優としての責任感を持ってますよ。 "

- 最近もレッスン受けるでしょう?まだ練習の虫で通じるハシナヨ?

"今日も声楽のレッスンを受けてきました。バレエのように体を使うレッスンは受けてはいるよ。実際には体が熱犬ではない以上、家にも気を使わなければならしたら手に余りましたよ。それでも、最も重要な歌のレッスンは着実に受けようと思っています。練習の虫ですか?今はそうではありません。人々に見たときにたくさんしたが今は家にも行くして多くないボヨジュォヨ。だから人々は私の練習量をよく知りません。 "

- パク·ウンテの "最高の作品"とは?

""ジーザス "ですよ。本当に素晴らしい作品です。またぜひしたいと思って一生持って行きたいと思います。 "エリザベート"も素晴らしい作品です。 'モーツァルト!'はいつかまたするようにならないかと思い、より上手な同僚と後輩にしたい。以前よりもさらに発展した 'モーツァルト!'をする自信がありません。もちろん、 "ジーザス"は、自分のかと聞かれたら言うことありませんが 'モーツァルト!'は年齢帯がありますので、よりエネルギーカールした友人に譲らなければならないようです。 "

- パク·ウンテを表現することができる一言は?

"ゴムボールのように派手ではないのにちょうど転がしても傷はよくないですか。私は焼き入れをたくさんして傷がよくない私は俳優ですよ。またホングァンホ、パクヒョシンのように生まれつきの声帯を持つ人がいる一方、私のように乗ってかっこいいのにちょうど転がして丈夫たりしましょう​​。また、壊れた瓶のように継続して満たさなければならず、花粉のように水を続けなければならな人でもあります。ミュージカル俳優自身に寛大といけません。冷静ばいいのです。自分で上手だと思うと成長をすることができません。切実さがなくなるからです。私不十分であることを認識し、それを満たしていくこと、どれだけ楽しいよ。人がどのようにすべて埋めるた。足りないから、それを満たしていく味わいに住んでいるのです。それが本当に面白いです。もちろん、時々 "なぜだ。嫌い 'しながらストレスが来る時もあります。その時は何もしないし、人にも会わないこともします。妻に話を解いたりしている。妻は、ありがたいことにすべて受けてくれます。その背後にすぐにパラパラと振って再度挑戦しましょう​​。そのように固くなっていくと思います。 "

[テレビデイリー 2013-07-10 16:57] 元記事はこちらから

w20130711-6.jpg w20130711-5.jpg w20130711-4.jpg

※わたしもルキーニが主役だと! ご結婚されて公私ともに充実されてるウンテさん、再演舞台楽しみにしています~。

ミュージカル俳優キムスンデ、チョンドンソク、日本でラブコールデュエットアルバム発売、8月28日

ミュージカル俳優キム·スンデとチョンドンソクが日本レコード会社の要求にデュエットアルバムを韓国と日本で同時発売する。韓国ミュージカル俳優が日本のファンを狙って日本で公式アルバムを発売するのは今回が初めてだ。

キム·スンデとチョン·ドンソクのマネージメント社のテアトロには、 "ワーナーミュージックジャパンと渡辺音楽出版(株)と共同で、これらのデュエットアルバム" Two Of Us 'を韓国版と日本版二つのバージョンで発売する "と28日明らかにした。

二人は去る4月、日本の東京都内赤坂ACTシアターで開かれた 'K-Musical Stars Concert 2013 "にイム·テギョン、オク·ジュヒョンと一緒に出演し、豊かな感性とがっちりしている歌唱力で日本の観客たちの心を捕らえて全席スタンディングオベーションを受けた。この様子を見守っていた世界的な大レコード会社ワーナーミュージックジャパンと日本最大のレコード会社渡辺音楽出版(株)で、二人のアルバムリリースを先に提案したもの。

今回のアルバム "Two Of Us 'はキム·スンデのデビュー作'ジキルとハイド 'の'今この瞬間 '、チョン·ドンソクのデビュー作"ノートルダム·ド·パリ'の '大聖堂の時代'をはじめとして 'エリザベート'、 'ライオンキング'など、国内外で多くの愛を受けたミュージカル作品のナンバー5曲と二人の俳優のボイスが持つ特色をよく生かしてアレンジしたポップソング 'Bridge Over Troubled Water "まで全6曲の歌が収録された。

また、一緒に発売されるスペシャルDVDにはキム·スンデとチョンドンソクは、日本の東京で撮影した映像やインタビュー映像、アルバムメイキング映像、ミュージックビデオなど二人の俳優の様々な姿に会うことができる。

"Two Of Us 'は来る8月28日から韓国と日本のオンライン、オフラインアルバム販売店で購入することができます。特に二人の俳優が出演する作品の会場では、公式発売前の8月2日から先販売が可能である。

キムスンデは現在、忠武アートホール大劇場でミュージカル "モンテクリスト>のイム·テギョン、オムギジュンなど主人公モンテクリスト伯爵役で出演中で、チョンドンソクは、来る7月26日から芸術の殿堂で公演されている話題作ミュージカル<エリザベート>のキムジュンス、パクヒョシンと一緒に 'トート'役で舞台に立つ予定だ。

[亜洲経済 2013-06-28 16:58] 元記事はこちらから

w20130711-3.jpg

※アルバムが出たら日本でプロモーションする予定だったはず。これで知名度ぐーんとアップ間違いなし~。

渡辺音楽出版さんは渡辺プロのグループ会社、ドンソクくんに目をつけてくださったのはアミューズ大里会長の影響もあるのでしょうか? "太陽を抱く月"日本公演にチカラを貸してくださらないかなあ。。。

""太陽を抱く月 "の舞台転換が70回...ドラマと違います"

去る9日午後4時、ソウル瑞草区瑞草洞の芸術の殿堂CJ芸術劇場で<太陽を抱く月>製作発表会が開かれた。 この席にはキム·ダヒョン、チョン·ドンソク、ソンドゥソプ、チョガンヒョン、チョンミド、アンシハなどの俳優たちが参加した。

ハイライトデモで注目すべきナンバーは、チョンドンソクとチョンミドが披露した "そう愛である"と、ヨヌの住まいを見つけフォンが愛の楽しさを勝てず呼ぶ愛の賛歌だ。 1幕の最後を飾るナンバー "扉が閉まる 'は、まるでカメラの絞りが閉じヒドゥト上から下へ、左と右のどこからでもフォンを遮る視覚的なデザインが全く印象的だった。

この日の記者懇談会でキム·ダヒョンは "ドラマよりも真剣に表現しようと多くの努力を傾けた"とし、 "ドラマと違ってミュージカルは舞台でしか見ることができる照明と舞台機構に新たに近づいてき評価を受けている"と説明した。

続いて、 "創作ミュージカルは、より良い作品を作るために、より良いアイデアがないかの頭の戦いで多く負う。良い創作ミュージカルを作るために俳優とスタッフが一つになって上げたとき舞台の上で感じるカタルシスが非常に大きい"とし、 "<太陽を抱く月>が私たちの情緒と話するのに大韓民国のミュージカルがこのようだということを示すことができてうれしい "とやりがいを伝えた。

チョン·テヨン演出は "ドラマがかなり面白くて舞台文法的に音楽と場面を飾り、視覚的な部分で観客の視線を雑誌なければ大変だと思った"とし、 "迅速な展開を持つべきだと判断して公演中に舞台転換が70回行われている"とドラマとは違うミュージカルならではの特性について説明した。

ソンサンウォン共同プロデューサーは、 "日本の関係者が龍仁まで来て観覧した。(記者注6月には、<太陽を抱く月>が龍仁で公演を行った)"とし、 "俳優たちの演技と歌唱力に驚きを示して帰った"とし、12月に東京で公演する予定であることを明らかにした。

チョンドンソクは "フォン(朝鮮時代の仮想の王)を練習していつもの変わった食事をするたびに姿勢が変わったのだ"と言いながら "先輩とご飯を食べる時にも下を見る感じだった"と練習して生じた面白いエピソードを暴露した。 これに続きチョガンヒョンも "陽明のほか、フォンに欲があったのが事実だ"と言いながら "もうちょっとイケメンだったらフォンを演じたのだろう"とキム·ダヒョンとチョンドンソクに向かって機知に富んだ牽制をした。

ソンドゥソプは、 "片思いは人をどれだけ胸を痛くする。事情がありそうな人に魅力を感じないか"と反問し、 "陽明を見ながら果たせなかった愛に共感することができます。それ陽明は、片思いという事情を隠しと明るく見せようと努力する人物だ "と解釈した。

アンシハは "ハン·ガインがドラマに出演ハンジラ美貌の負担をたくさん感じた。チョンミドさんとシナリオを一緒に見ながら悩みをたくさんした"とし "封印が解けるシーンや再会する場面では、ドラマとは別のヨヌだけの魅力を見つけることができるだろう "と伝えた。 この日、チョミドは風邪がひどくハイライトを示したナンバーは消化したが、記者懇談会では、声帯保護の観点から回答をしていなかった。

<太陽を抱く月>は、ダブルキャスティングで構成されるミュージカルである。 フォン役はキムダヒョンとチョンドンソク、ヨヌ役は、チョンミドとアンシハ、陽明役はソンドゥソプとチョガンヒョンが演じる。 7月6日から7月31日まで芸術の殿堂CJチワール劇場で観客を迎える。

[オーマイニュース 2013-07-10 10:14] 元記事はこちらから

w20130711-1.jpg w20130711-2.jpg
ミドさんシハさん小柄だなあ、いやまわりがデカすぎるのか?(爆)

※初演に全力を注ぐキャスト方々、誰一人日本公演欠けてはなりませぬ(>_<)

プレスコール動画も下にしまいます~。

アイドル女優なくても... K-ミュージカル "ストーリーの力"中国·日本で売り切れ


ミュージカル企画段階から海外市場ターゲット
今年の上半期だけで14編の外国舞台上がって

スター俳優·おなじみのドラマコルソ脱皮
純粋な創作物にライセンス販売の増加
地元の俳優·言語での公演も大ヒットと


"昔の恋" "赤い夕焼け" "街路樹の陰の下に立てば"など、故イ·ヨンフン作曲、イ·ムンセの歌の不朽の名曲は、日本ではミュージカルナンバーでより知られている。 東方神起、JYJ、KARA、少女時代などアイドル中心のK-ポップ(Pop)が知っていた日本の韓流ファンに1980年代を風靡したイ·ヨンフンのバラード名曲を紹介したのは、ミュージカル "光化門恋歌"だ。

昨年11月に大阪と東京で一ヶ月ほど公演した '光化門恋歌'はユノ·ユンホが主役の回目は前売り申し込みが指定席よりも10倍近く持って、立席まで売り切れるほど人気を集めた。

歌謡、TVドラマだけだった韓流商品は、K-ミュージカルに拡大している。 K-ミュージカルの商業的成功の可能性を発見した海外公演界で飽和された国内市場から脱し、需要を広げようとする韓国公演界の計算に合致した結果だ。 '光化門恋歌 "の場合、韓国で偶然に公演を見た日本側関係者が素早く企画して成功した事例だ。 続いて "光化門恋歌2 'が来る10~12月の中国杭州(杭州)、保存(浙江)、北京、上海で公演する予定だ。

このように、K-ミュージカルの海外進出は、年を重ねるごとに作品ができ、進出国が大幅に増えている傾向にある。 9日、韓国ミュージカル協会の最近のデータによると、今年上半期まで、海外で公演したり進出が確定した作品は 'シングルス' '宮' '結婚' '風が吹いてくるところ "など14編にのぼる。 これは、昨年の年間8編、2011年1編に過ぎなかったことに比べれば、非常に目を見張る成長である。 今年は "サンファ別曲 'が来る10月に中国深センで舞台に上がり、故キム·グァンソクの歌に作成されたジュークボックスミュージカル'風が吹いてくる所 'が来月米国LAの劇場に進出するなど、日本一色だった進出国も、中国、米国に多様化している。

創作ミュージカル界では最近、企画段階から海外進出まで念頭に置く。 狭い市場から海外ライセンス大作と競争して生き続けるために努めるよりも、最初から需要を日本、中国、東南アジアなどの韓流ファンまで広くとるだろう。

今年初演作である "太陽を抱く月"の場合もそうだった。 製作会社のあるエンターテイメントは、国内での夏の開幕前から早くも日本ライズコミュニケーションなどの3社が参加したプロジェクトチームの先行投資を引き出した。 "太陽を抱く月"は、日本では12月に公演する予定であり、日本市場を念頭に置いた別のキャスティングが進行される予定だ。 ソンサンウォンイダエンターの代表は "日本で韓国の創作ミュージカルは、既存の韓流の派生商品の為、アイドルを活用しないと手に余る"と述べた。

日本進出作は、多くのドラマや映画を元にしたおなじみの物語、アイドルを主役にキャスティングされたものである。 漫画原作でユン·ウネ主演ドラマが日本で人気を呼んだ '宮'はミュージカルでも製作され、昨年9月に東京公演に続き、今年も5日から大阪で公演している。 'コーヒープリンス1号店'もドラマの成功によったミュージカルが日本で舞台に上がった。

ソン代表は "ドラマカル(ドラマ原作ミュージカル)が推進するには良いが、あまりにもよく知られているストーリーをそのままに舞台化すると、観客がうんざりしやすい"とし、 "純粋な創作物に韓国演出、日本の俳優と日本公演が最も理想的である"と説明した。

この点で、原作やスターキャスティングに依存せず、純粋な創作物としてライセンスが販売された 'パルレ'と 'キム·ジョンウク探し'の成功は鼓舞的だ。 ソウル貧民街を背景に仕事のために上京した主人公と外国人労働者、村のバスの運転手など小市民の生活を扱った 'パルレ'は昨年2月、5月、8月の4回にわたり、東京と大阪で日本の俳優の演技で披露し、来年の日本公演も予定されている。 日本でクチコミやソウル東崇洞大学路で公演する 'パルレ'は、日本語字幕がサービスされる。 製作社である陽気シアタースイカの関係者は "東日本大震災で日本が非常に困難だった。 作品に込められた希望と肯定のメッセージが日本の観客の心に届いたようだ "と話した。

大学路小劇場ミュージカル 'キム·ジョンウク探し'は、中国のライセンスが販売されて中国の演出家、中国の俳優が参加し、先月上海で初公開した。 おしゃれなロマンチックコメディー物であるだけに作品の台詞やユーモアはかなりの部分中国の表現とファッションとファンチされた。

ハンジスク記者/ jshan@heraldcorp.com

[ヘラルド経済 2013-07-10 11:20] 元記事はこちらから

※これが昨夜遅く発見した問題の記事。日本公演ありと安心してたらなんてこと(>_<)
日本公演主催はRISEコミュニケーションさんだけではないようで、他2社共催?どちらでしょう。"日本市場を念頭に置いた別のキャスティングが進行される予定"、 "日本で韓国の創作ミュージカルは、既存の韓流の派生商品の為、アイドルを活用しないと手に余る"とは、日本人として情けなくも悲しい現実・・・。


ちなみに名前の出ているライズコミュニケーションさんのサイトには最新ニュースとして"太陽を抱く月"龍仁公演の話題が紹介されていますが(こちら)、記事中文言"ミュージカル界の実力派俳優が一挙勢ぞろいした"豪華キャスティングを変更しようなどとはどうか考え直して欲しいものですTT

昨夜&朝の通勤車中からのつぶやきまとめ~↓

ミュージカル"太陽を抱く月"はアイドルを起用せず実力ある役者を揃えたところが特徴なのに、日本向けにアイドル並べようとしてるなら演出家さんの意に反する行為。お金出す分そこは口も出すってことか?"ウェルテル"みたくそこは自信をもって韓国初演の舞台そのまま輸入してはくれんかな…

一晩考えてみるに、"太陽を抱く月"日本公演を決めてくださった招聘元も苦しい決断なのかもと。。主役がよりにもよってあの"ウェルテル"コンビでは日本公演で苦戦した記憶が業界全体まだ生々しく残ってるでしょうし。どんなに実力あり素晴らしい舞台であっても日本の観客は見向きもしなかった…

たとえ"太陽を抱く月"日本公演キャストについてファンが声を集めてなにがし行動してもなんの効果もないでしょう。業界すら今年のサマスノしかり宮、三銃士、JTR、アイドルキャスト率アップしてるし。というわけであとは初演キャスト皆さんの日本的商品価値を無視できないくらい早急に上げるべし!

"太陽を抱く月"終わったら"エリザ"にトート合流のドンソクくんは4月のKミューコンを経て来月日韓でアルバム出すし、"JTR"ダニエル合流でいずれ日本公演にも来るかもなダヒョンさん。もうお二人とも年初の"ウェルテル"当時とはぜんぜん違いますし~

"太陽を抱く月"陽明役のお二人、ソンドゥソプさんはアミューズ風月主、兄弟でも来日叶わずどれほどの乙女が涙で枕を濡らしたことか(爆)、"太陽"で日本に来ると思って許したのに(えらそう)暴動起きますし…チョガンヒョンさんは8月兄弟で来日だしぜったいファン増えること間違いなし!

それでもまだ頑なに"太陽を抱く月を"アイドル揃えた韓流ミュージカルにしようものなら最後の手段どこかに共催もしくは買収していただき断固初演にこだわり興行していただく!アミューズラインナップだってありなのでは?良質の創作ミュージカル存亡の危機、今後状況好転しますことを切に願います!

ただでさえくそ暑いのに朝から熱く語ってしまった…(爆)。でも初演を待ちわびる賛同コメからも、"予定"であっても見過ごすことはできず、ブログにも今の気持ちを残します。


というわけで、6月龍仁プレ公演、7月ソウル公演と、チームワークに舞台完成度を増した"太陽を抱く月"初演キャスト皆さんをそのまま日本にお迎えするために小さな事からこつこつと、初演キャスト知名度向上布教作戦開始です! 日本向けにどうしてもアイドルが必要ならトリプルキャスト、アイドルデーを設定してもいいけど、初演キャストはどなたも欠けたりしませんよう。ダヒョンさん、ドンソクくん、ウェルテルコンビ揃って日本に来てもらえるよう祈りましょう~。

[バクビョンソンの置いてきた手帳】スプーンオンギはもう終わり


韓流ミュージカルのための真のサポートポリシーは?

公務員の仕事をした人々は、一様に難しいとする。手続きを重要視して柔軟性がないギュッと詰まった組織だということだ。仕事をしてみると計画通りにならないことが頻繁にあることだが、原則にこだわったら一緒に働く人々が大変にならざるを得ないだろう。しかし、それは国の資金を運用する人々の基本的態度である。国民が納めた税金を運用することだから、多少息苦しいほど厳しくなければならず、一つ一つ厳しく根拠を残さなければならない。公務員の仕事の処理は慎重に、また慎重にせざるを得ない。しかし、仕事の処理が慎重なものと安全な仕事をすることは別の話だ。多くの場合、国の事業として行われることが知名度、認知度にもこだわる姿を見るときは苦い気がする。

日本で働いているある知人は、最近の心境が不便である。韓国の国家団体がサイを日本に知らせるためのイベントをサポートするという話を聞いたからである。サイは、すでに世界的なスターである。あえて国家が助けてあげなくても、自分で十分に活路を模索することができる。しかし、なぜサイの必要があるか。理由は簡単である。彼が動けば人々が注目するのである。国家団体としての実績も上げて、対外的な宣伝効果も上げることができる。それこそスプーンか載せて恩着せも出して成果も上げたい気持ちだろう。

少女時代、KARAが日本で盛んにヒットを打ったときにサイは海外市場で関心を持った歌手ではなかった。そのような時期に包まれる可能性を発見し、海外進出のための支援を与えたら話は違ってくる。可能性を発見してあげてサポートしてあげるのではなく、検証されて自活力のあるブランドになった時に肥料も与えて惜しみないサポートをしてあげる。これは、音楽の分野でも同じだ。

2011年ただ2編の創作ミュージカルが日本を進出した。しかし、翌2012年にはなんと7本もの創作ミュージカルが日本に進出した。ドラマ、韓流、K-POP韓流に続きミュージカル韓流が到来するのではないかと期待に満ちた反応が寄せられた。実際に2013年には東京六本木に韓国のミュージカル専用劇場であるアミューズ・ミュージカルシアターができ、一年を通じて韓国ミュージカルがアップされる。海外進出創作ミュージカル支援金が生じたのもこの頃だ。 2012年 "創作ミュージカル育成支援金" 30億ウォンのうち10億ウォンを海外進出作品に支援することにした。最近の韓流ミュージカルの成果を出してみましょうとこのような支援事業が登場したのだ。公共的なサポートが市場を読んで主導せず、常に一歩後ろからドレスた食卓にスプーンを当てている。

おせっかいに広く考えれば、これを国の資金書き込み者の慎重さと理解することができる。サポートを必要とする手はあまりにも多い。次に可能性のある事業を優先的に検討せざるを得ないだろう。そのような点を十分に理解しているとしてもサポート対象の疑問はまだ消えない。 K-POP韓流の活性化のためにサポートしていることがなぜサイに必要なのか?

現在、海外に進出する創作ミュージカルは、ほとんどフラットな方法で行われる。地方公演企画者がソウルの公演を買ったように、日本の制作会社が韓国のミュージカルを買う形式です。公演が一か八か韓国製作会社は損をしない。このようなフラット方式の製作が多いが、海外進出作品に助成金を与える。既にある程度の収入が保証された発行元のボーナスを与えるようなものだ。一体これは韓国のミュージカルの海外進出を有効にするためにどのくらい貢献できるだろうか。

必要な分野、可能性のある分野を見識を持って、事前にサポート、育成することができれば一番いいだろう。別の方法として可能性が検証された後のサポートをしても対応方法が目的を達成するかを考えなければならない。今のサポート方式は、過度に実質的な助けよりも、成果を視覚的に見せようとばかりしている。ミュージカル韓流を活性化するために海外進出する作品を選抜し、支援金を与える。芸術であれば、それ自体で収益構造を合わせることができないため、個々の作品に直接対応することが望ましい。

しかし、音楽は文化産業である。それ自体が競争力のない作品を支援金まで与えながら継続するということは不必要である。それよりも国の支援は、良い創作ミュージカル、競争力のある創作ミュージカルが量産されることができる環境を作ってあげることに力を注がなければならない。ミュージカル韓流の活性化も、個々の作品を直接サポートするよりも、今、日本のミュージカル市場を中心に、韓国ミュージカルが輸出されている状況を綿密に検討し、それを有効にすることができるようにサポートしなければならない。

現在の日本進出ミュージカルは韓国に知られている別の方法での興行成績が良くない。正直に言うと興行成績が台無しに続いて韓国のミュージカルを輸入していった多くの日本の製作会社が莫大な損害を被っている。まだ日本公演ファンたちに韓国ミュージカルの俳優たちがよく知られていないからである。興行の失敗が繰り返されれば、ミュージカル韓流は早期放映終了される可能性が高い。その前に今の雰囲気を維持するために韓国ミュージカル、韓国ミュージカル俳優を日本市場に知らせる努力が必要である。日本進出をしたい制作会社が成功することができる環境を築いていくこと、これが真のサポートではないか。どうせ進出する作品にスポンサーとスプーンかをよりトッピング式のサポートは十分して欲しい。

バクビョンソン PROFILE
現月刊 "ザミュージカル"編集長
現ニュースカルチャーコラムニスト

[ニュースカルチャー 2013-06-30 13:40] 元記事はこちらから

w20130630-2.jpg

※あまりにも激しく同意で自分のためにもあらためて保存。
韓国ミュージカル日本進出の現状に危機感を持って、声を大にしてくださる方が業界にいらっしゃるのが嬉しく、しかもあのザミュージカルの編集長様というのが救い。早期放映終了される前にどうにかなるとよいのですが(>_<)


"ウェルテル"再演に繋げるためにも今できることはアミューズ・ミュージカルシアターを盛り上げること! 布教活動引き続きがんばります~。

CJ危機に直面し、若い文化系 '暴風'懸念


CJ文化財団の若い文化人材を発掘、サポートなど
文化芸術支援は、イ·ジェヒョン会長の全面的な支持をもと


2013年6月21日、日本東京の繁華街である六本木にあるアミューズ音楽のシアターには、韓国の創作ミュージカルが幕を上げる。

新羅時代の人妓生 "ヨル"と "サダム"の運命的な縁を扱ったミュージカル<風月主>で、韓流スターではなく、イケメンミュージカル専門俳優たちで構成され、韓国ミュージカルにすでに日本の観客たちの関心が熱い。

ここに韓国の創作ミュージカルがK-POPと韓国のドラマ、映画に引き続きもう一度日本の観客たちをK-Cultureブームに引っ張ら期待が集まっている。

堂々と海外市場攻略に出て韓国ミュージカルのグローバル化の先頭に立っている創作ミュージカル<風月主>の誕生は、新しい文化コンテンツと文化人材を発掘、育成する "文化インキュベーター"の助けがあった。

大韓民国の文化人材を育てるのに先に立っているCJ文化財団がその主人公で、<風月主>は、CJ文化財団が運営する演劇とミュージカル新人クリエーターを支援する "CJクリエイティブマインズ"で誕生した。

<風月主>ほか、国内初のオーケストラなく、俳優が直接舞台に楽器を演奏するユニークな形式で注目を集めた<白鯨>もやはり 'CJクリエイティブマインズ "の支援を受けたプロジェクトで、創造的な初登場にもかかわらず、連日売り切れを記録し、国内ミュージカル界に新しい風を起こす好評を受けた。

新しくて多様な大衆文化の活性化のために2006年に設立されたCJ文化財団は、このように可能性のある若い文化人材を発掘、自分の仕事の活動をサポートする趣旨で分野別支援プログラムを多様に運営している。体系的かつ段階的な支援方法では、単純に 'を示す式 "のサポートではなく、実質的に、彼らが制度圏に上がって立つことができる土台を用意してくれて良い反応を得ている。

このように、CJグループが文化芸術支援事業に格別のボールを受けた理由は、文化の意志が特別なイ·ジェヒョン会長の全面的な支持があ​​ったことは事実。なので、若い文化芸術家たちは最近、検察の大々的なCJの調査では、中にCJが広げた様々な文化支援事業が中断されるか強く懸念している雰囲気だ。

特に、文化を活用した社会貢献活動を行う企業は多くても文化コンテンツに対する深い理解に基づいて、実質的な人材の育成と支援事業を広げることは、CJグループのほかには珍しく、さらに懸念の声は深くなっている。

激しい経営権争いから独立した経営出たCJ、新しい成長動力は '文化コンテンツ'

CJグループがエンターテイメント事業を始めたのは1995年、ハリウッドスタジオ、ドリームワークスの投資家に参加してからだ。父の不在にもサムスン家の長男として、祖父であるイ·ビョンチョル先代会長のそばを守ったイ·ジェヒョン会長は、1993年にサムスングループが第一製糖の分離を決定した後、法的に完全に独立した1997年3月までのいばらの道のような過程を経た。

長者継承が自然スロプドンその頃先代会長の死後、叔父李健煕会長のグループのトップ就任は、多くの人々の口に上っ下し、サムスングループと長年の経営権争いを経て、最終的に1995年本格的な独立経営を開始した。

この時期にグループの新たな成長エンジンを見つけて新規事業を構想していたイ·ジェヒョン会長は文化コンテンツビジネスの可能性を追求した。食品事業を通じて、消費者の口を楽しませたら、あとは世界の人々の目と耳を楽しくしてライフスタイルをリードする文化コンテンツ事業に拡大しなければならないという意味を持っていたのだ。

ドリームワークスの投資を開始して第一製糖内のマルチメディア事業部を新設し、映画事業を開始したCJは、以後放送、音楽、パフォーマンス、ゲームなど様々なエンターテイメントの分野に事業領域を拡大し、代表的な文化企業に成長した。

これは誰も興味を持たなかった事業に20年近く一途な信仰に果敢に投資してきたのがしたし、正しいとここで事業を推進していくイ·ジェヒョン会長の推進力と粘り強さの結果でもある。

経営学界の多くの学者たちも "イ·ジェヒョン会長が成し遂げた最大の成果は、グループの外側に成長だけでなく、何よりも国民に食品会社のみ認識された第一製糖(CJ)を短期間に '文化を導く生活文化企業'に変身させたもの "と言う。

イ·ジェヒョン会長は、精神的支柱である先代会長の経営哲学 "事業報国" "人材第一" "合理的な追求"を経営の座標としている。 CJ文化財団を通じて文化コンテンツ事業への支援を活発に展開しており、その中心が文化コンテンツを生み出す "人材"を発掘、育成するためのプログラムを向いているのはイ·ジェヒョン会長の人を重視する "人材第一"の経営哲学と接続される。

ただコンテンツを作ることに集中するのではなく、コンテンツを作成する人を育てることに集中することにより、韓国文化産業の成長の可能性を高めていること。だけでなく、多様な文化への関心が文化産業の発展の土壌になると判断、いわゆる制度圏に属していない分野での支援も惜しまない。

創造経済の原動力は "人"、文化産業の理解に基づいて体系的サポート

いつものCJイ·ジェヒョン会長は、 "すでにコンテンツ産業は、世界的に自動車や半導体よりも大きな規模であり、我々は、世界最高されて国の新たな基幹産業に成長しなければならない"と強調してきた。

このため、CJ文化財団は、音楽、舞台、映画など様々な文化コンテンツ分野の人材をサポートしており、これらのグローバル市場進出も全面的に支援しています。代表的なプログラムは、CJチューンアップ、CJクリエイティブマインズ、プロジェクトS、CJアニメ支援事業などを挙げている。

<風月主>と<白鯨>を誕生させた 'CJクリエイティブマインズ "は、演劇やミュージカル部門新人クリエイターのためのプログラムである。若いクリエーターを対象に新しい作品を紹介する機会を提供し、実際の舞台に上げることができるよう作品の開発とネットワークをサポートします。

まだ未熟な新人に専門家のコンサルティングやアドバイスを受けることができる機会と練習室を提供するのはもちろん、俳優のキャスティングにも助けを与え、作品の完成度を高める。また、舞台セットや衣装を最小化したリーディング(reading、台本と楽譜を読む)公演を実際に舞台に上げて、専門家と一般観客に検証受けることができる機会も設けてくれる。このような過程を通じて、国内はもちろん、世界の観客を魅了させることができるさらに高い完成度の作品が誕生することができるよう体系的なシステムに対応している。

若い大衆音楽をサポートする "CJチューンアップ"は、オン/オフラインの審査を経て選ばれた新人たちに先輩ミュージシャンとのコラボレーションやパフォーマンスをサポートするのはもちろん、アルバム製作と広報マーケティングを1年間支援する。

2010年に始まり、現在12期を選抜運営しており、民謡やパンソリをルーツに新しい国楽歌謡を披露するグループ "鯨よ"、シンガーソングライター 'ソンヨンチャン'、ロックバンドの'24アワーズ(24Hours) "など様々な分野の音楽家たちがサポートを受けた。

音楽市場には様々なジャンルの音楽と実力を備えた音楽家を紹介する架け橋の役割を、新人ミュージシャンには大型企画会社中心のスターシステムに依存することなく、主流の舞台に進出する機会を提供するという点で好評を得ている。

映画界の登竜門を標榜した "プロジェクトS 'は、新人映画人たちが企画したアイテムを発掘、質の高い作品に作り上げるアプリケーションです。シナリオではなく、企画案(トリートメント)の段階での大賞作品を選定し、専門家に相談、能力開発特別講義、チュウィジェビサポートなどを経て、質の高いシナリオとして完成する前のプロセスをサポートします。

シナリオやパイロットが完成すれば、国内のメジャー投資配給会社を通じて投資および製作を引き付けることができるようにし、海外映画市場で活躍できるようなシナリオ翻訳など様々なフォローアップまで続く。

それこそ企画開発成長支援とフォローアップまで網羅された総合的かつ体系的映像人材の成長支援プログラムで、過去2012年12月に公開して話題を生んだ<私のPSパートナー>と2013年に公開した "マイリトルヒーロー>がまさにこのような過程を通じて観客たちに会った。

このほか、ストーリーテリングの根幹となる絵本の内容を元のソース·マルチユースに適したアニメーションに変換する "CJアニメ支援事業"もある。また大衆芸術分野の人材が才能を発揮して技量を競うことができる会場である "CJアジト"を運営、CJ文化財団の支援を受けている新人アーティストたちが一般の観客に公演を披露する場を設けている。

CJ文化財団のプログラムを介してサポートを受けた若い文化の人材は、自分たちの才能を共有する社会貢献活動にも参加して、その意味を加えている。 CJチューンアップの新人ミュージシャンたちと先輩ミュージシャンたちが一緒に全国各地を探して暖かい音楽分かち合いイベントを繰り広げる "チューンアップどっと音楽の旅 'が代表的だ。

在来市場の行商人をはじめ、刑務所の受刑者、多文化青少年など各界の疎外された階層を直接探して、コンサートを開いたり、指導者になって音楽指導をしてくれるプロジェクトだ。

去る2011年に始まった "チューンアップどっと音楽の旅"は、新人ミュージシャンに音楽を媒介に疎外された隣人とのコミュニケーションすることにより、一段階成熟する機会を提供し、参加している新人ミュージシャンの満足度も高い。

危機のCJ、文化人材育成オールストップ?懸念の声高く

エンターテイメント業界関係者は、今回のCJグループの検察の調査のために韓国の文化コンテンツ産業の成長が打撃を受けるか心配だという反応だ。 K-POPをはじめ、韓国のドラマや映画、音楽などの文化コンテンツが世界市場で注目を集め始めた今の時期にCJグループの投資が萎縮すれば、韓国文化産業自体に大きな打撃がある、ということ。

特にCJ文化財団を介してサポートを受けているか、サポート申請を準備していた若い文化人たちは、もしかしたらCJグループがその規模を縮小したり、停止しないだろうか神経を尖らせているという裏話だ。

生活電線に戻って私がアルバイトや仕事の活動を並行するのか、作品を作っても上がる舞台がなくはないか、完成度が落ちる作品でややもするとたちまち社長されないか不安な様子が歴然としているとする。

CJグループの関係者は、 "文化コンテンツ事業の全面的な投資は、イ·ジェヒョン会長とイ·ミギョン副会長の確固たる意志があったからこそ可能だっただけに、今後の状況の変化に応じて投資の規模や戦略の変更が必要になることもある"とし、 "CJ文化財団をはじめとする各系列会社の支援を受けた新人クリエイターのコンテンツが今まさに国内はもちろん海外でも目に見える成果を収める始めたことだし、内部でも時期的に非常に残念な雰囲気 "と伝えた。

[環境日報 2013-06-29 20:27] 元記事はこちらから

w20130630-1.jpg
▲CJイ·ジェヒョン会長

※CJ文化財団は今、創作ミュージカルの公募してるんじゃないのかな。中国への進出に傾倒してる感はあるけど国内でそんな懸念があるのかあ。にしても人々の目耳を楽しませたいというその精神、アミューズ大里会長に通じるものがあるということでアミューズ・ミュージカルシアターも末永くお願いしたいものです。。。

"15歳の演技は容易ではなかったのです"ミュージカル "太陽を抱いた月 '俳優キムダヒョン


俳優キム·ダヒョンは昨年から非常に忙しい時間を過ごした。軍除隊後演劇 '恋愛時代'でカムバックを知らせた彼は演劇 'M.butterfly'、ミュージカル '西便制'、 'ラカージュ'、 'サンファ別曲'、 '若きウェルテルの悩み "、"ロック·オブ·エイジ "、"アルセーヌルパン 'などにぞくぞく出演した。息つく暇のない忙しい時間だった。初めて挑戦する作品も多く、観客の期待が注がれた作品も多かった。毎作品が彼には熾烈な挑戦だった。険しい旅に疲れることもするけれども、彼は淡々と顔に戻って靴ひもを縛り付け結んだ。もう一つの課題であるミュージカル '太陽を抱く月 "の切々たる愛の中に飛び込むことだ。

"太陽を抱く月 'は同名の小説やドラマでよく知られている。特に、昨年放映されたドラマは、最高視聴率42%以上を記録し、国民的な人気を享受した。しばらく練習に邁進中のミュージカルは、小説、ドラマと他の舞台だけの魅力で観客と会う準備を進めている。 "原作に対する負担よりも、この作品がミュージカルに作成されたときにどのような姿であるかが気になった"と言うキム·ダヒョンと一緒に5月8日国立劇場のカフェで話をした。

"ミュージカル"太陽を抱く月 "、固定観念壊して見てくれ"

インタビューの場所に粋なスーツ姿で現れたキム·ダヒョンは控え目だが余裕のある顔で挨拶をした。いきなり "最近、忙しくて大変ではないか"と安否を尋ねると、 "最近はみんな忙しいようです。作品も多いです。複数の場所で一緒に仕事しようくださって感謝しています "という謙虚な答えが返ってきた。引き続き彼は "もちろん、体力的に大変な時もあります。その際は、ファンの方々が保養食をよく取りそらえてくださいます。感謝します。そして、観客と会うと自然に癒されるのもあって "と言いながら微笑んだ。

彼は最近、ミュージカル "太陽を抱く月"の練習で忙しい日程を送っている。開幕を一ヶ月控えたはずで練習することも、心配することも多い。 ""太陽を抱く月 "は、原作小説が2冊あり、ドラマが20部作ほどです。その多くの分量を2時間20分に解放さなければならないです。そのため、ストーリーが省略される場合もあります。実際に俳優も演技して 'この部分は、少し加えたい "という場面があるんですよ。しかし、そのような部分を多と、3時間を超えて行きます。演技する時、 "前の状態の終わり"と "次のような状況の開始 'の部分をよく解放なければならないようです。"

今回の公演は 'ミュージカル'であるだけに音楽を多くの人々の関心が集中している。キム·ダヒョンは、ウォンミスル作曲家の音楽を "かなりお勧めします"と柔らかいがしっかりと答えた。続いて、 "ジャンルが時代劇と韓国の伝統的な音楽の色が出てくるだろうと思っているようです。しかし、ミュージカル "太陽を抱く月"は、フレームを割れた。もう少し普及して、ポップですよ "と言った。

ミュージカル "太陽を抱く月"の音楽は、様々なジャンル的色彩が調和した。スパニッシュ、ジャズ、ヒップホップなどの時代劇のジャンルでは想像しにくい音楽が仕組みをなす。 "初めて音楽を聞いた時の気持ちと今の気持ちは完全に違います。最初は 'これが可能? "という考えだったが、シーンをつなげてみると可能なんですよ。舞台で俳優がキャラクターと一つになった時はかなりよく似合う曲が出てきた。固定観念を破って見ればいいと思います。 "

"創作ミュージカル、"試行錯誤 "必要な作品出てくる"

キム·ダヒョンは、この前の創作ミュージカル 'アルセーヌ·ルパン'を終えた。創作のは簡単ではなかったはずなのに、彼は次々と創作ミュージカルを選択した理由が気になった。 "先に提案を受けたが、これで"王の役割を​​するんだ "と思った。(笑) 'イフォン'という人物が魅力的なキャラクターと挑戦してみたいと思っても語ってくれた。私どのようにこの役割を解釈して表現するか自分でも思っていた。その選択になったようです。 "

彼はミュージカル 'アルセーヌ·ルパン "、"太陽を抱く月 "のほか、ミュージカル'ラジオスター '、'サンファ別曲 '、'西便制 'などの創作ミュージカルに出演してきた。彼に創作ミュージカルへの思いを尋ねると、いくつかの考えが交差するようにしばらく虚空を凝視した。慎重な様子だった。少し時間が経った後、彼は全く真面目な顔で "大韓民国のように音楽がたくさん製作されるところが多くありません"と言いながら口を開いた。

"多くの作品が作られるが生き残る作品は多くありません。ライセンス作品は、長い時間の試行錯誤を経て韓国に入ってくる。創作ミュージカルもそのような試行錯誤が必要でこれから五年後、十年後、より優れた作品が出てくると思います。最近では、韓国ミュージカルの市場性もたくさん広くなりました。日本に逆輸出したりして。良い作品が出てくるための過程だと思います。私は大韓民国の俳優として、その過程を一緒にとっていたいです。 "

"彼も王である前に人間である"

"太陽を抱いた月 'の中の'イフォン 'は王である。世子時代 'ヨヌ'に会って愛に陥るが、周囲の陰謀によって、その愛を成すことができない。彼は時間が経って王になってもまだ 'ヨヌ'を忘れず欠場する。女性だけ向けた至高至純した "王"の愛は切なくていることができなく切実にまで感じられる。約一月余りの間の公演期間が残った今、キム·ダヒョンが作成されている 'イフォン'はどのような人物なのか。

""王の愛 "に焦点を当てています。 'イフォン'も王である前に人間じゃないですか。自分が決めることができない "キング"という運命の中で、彼がどのように愛を探していくか見ていただければいいと思います。 "

キム·ダヒョンとミュージカル "太陽を抱く月"で注目すべき場面があるかと尋ねると、 "当社の名場面をいくつか持っている"と言いながらにやりと笑った。 "1幕から少しのファンタジーな感じの場面があります。 'イフォン'と 'ヨヌ'が初めて出会う場面なの​​に本当に "愛"という感情がよく描かれていた。この場面でかっこよく見えるものが多いがこの時はアイドルに変身したいです。(笑)そして 'イフォン'の鳥肌シーンも名場面です。実際に曲のタイトルも "フォンの鳥肌 'ですよね。 "このように行っても呼ばれる 'するほど心配したが十分に可能でたんですよ。"

彼はミュージカル '太陽を抱く月 "で15歳の少年である世子と大人に成長した王の両方を演じる。キム·ダヒョンは "謹厳な王は自信がある"と述べた後、 "実際には15歳の演技を三十半ばの男性俳優がいることは容易ではありません。これはもう一つの挑戦です。どのようにすれば十五歳の初々しい感じを出せるかどうか....悩み中です "と付け加えた。どっしりとした彼の言葉ではまだ終わっていない配役に対する悩みがにじみ出ていた。

本人が 'イフォン'なら、 '愛'と '王の身分のうち、いずれを選択するかという質問に彼は一気に "両方選ぶと思います"と述べた。 "難しいことではないか"と反問するとキム·ダヒョンは "どうせ難しいものであれば、より困難な道を選んする"は、 "上の人"らしい答えを渡した。いつも挑戦して壊れながら進む "その"らしい返事だった。

"私の人生の中で常に置かないようにするのが"チャレンジ "ですよ。 "チャレンジ"は人間キム·ダヒョンの方向性と目標ですね。私ミュージカルをしていて、主人公を引き受けているといって終わりではなく、より発展して進もうとするのです。そのような人間キム·ダヒョン、俳優キム·ダヒョンの "チャレンジ"は私が疲れていない限り継続されるようです。 "

最後に、彼に今後どのような俳優になりたいと思うかについて尋ねた。彼は真剣で慎重な姿でゆっくりと話を続けた。 "私の口に申し上げるでも私のニックネームは"花のダヒョン "ですよね。このニックネームで10年目呼ばれているが、これが今後10年が過ぎても可能なのか本当に気になります。三十になった時は、このニックネームが負担になってやめ呼ばれたらしました。今は本当に感謝してますよ。今後、幅広い演技を見せて俳優としての "チャレンジ"も継続しようとしています。 '花'といって、単純に外見だけ華やかで美しいものではない深い香りを出す俳優になったらと思います。 "

[newstage 2013-05-16 10:06] 元記事はこちらから

w20130602-3.jpg w20130602-4.jpg w20130602-5.jpg

※ツイアップしたか忘れたのですが、太陽初演に向けて予習に役立つ記事を余力のあるときにアップすることにします。でも今日はここまで~(笑)。

"明らかなのは嫌だ"ミュージカル "太陽を抱く月"作曲家ウォンミスル


久しぶりに "作曲家"で観客に会って

'ミュージカル'で '音楽'は、建築物の "梁"のような存在だ。建築物の梁がない場合は、材料の重量に耐えることができない。ミュージカルも同じだ。音楽というの中心はすぐに立っていないドラマと演技がいくらすぐれてもどこか不十分に感じられる。このように音楽の基礎工事をする役目が "作曲家"だ。

ウォンミスルは、作曲家、音楽監督として数々の作品を一緒にしてきた。彼女はミュージカル 'ミュージックインマイハート "、"天使の爪 "などの音楽を作曲したし、ミュージカル'ジキルとハイド '、'ハムレット '、'グリース '、'モンテクリスト 'などの名前が大道納得の作品の音楽監督を務めてきた。そんな彼女がミュージカル "太陽を抱く月 'を通じて久しぶりに"作曲家 "という名前で帰ってきた。ウォンミスルは、今回の公演でも、独特のハツラツとした感性とチャルジン旋律たちに 'ドラマの中ににじみ出る音楽 "を聞かせる予定だ。作曲において "均等なのは嫌だ"と言うウォンミスルの音楽監督と一緒に5月16日午後、話を交わした。

"ミュージカル"太陽を抱く月 "、本当にありがたい仕事"

- 最近ミュージカル 'モンテクリスト'の音楽監督とミュージカル "太陽を抱く月"の曲の作業を同時にしていることを知っている。

最初の計画通りなら、スケジュールが重ならなかっただろう。大観など多くの問題が絡み合いながら二つの作品を一緒にされた。ミュージカル 'モンテクリスト'は、既にした作品だとあまりにも多くの山を登るコースではなかった。ミュージカル "太陽を抱く月"は、事前に依頼を受けて曲を書いていた。命が購入するほど熱心にしている。(笑)

- 曲は簡単ではないだろう。

作曲を果たしたら作曲家の役割が終わるわけではない。ミュージカル "太陽を抱く月"の音楽自体がエレキ音を使用した新しいトーンが多い。史劇ジャンルで国楽器を排除することもできなかったため、やむを得ずMR(録音伴奏)でお店になった。音楽が多くの部分に分けて録音して、プランも複雑である。作曲家として録音に参加して縫製するのに忙しく過ごす。

- ミュージカル "太陽を抱く月"には、どのように参加することになったか。

ミュージカル "太陽を抱いた月"の製作会社が2つなのに皆親しみがある。特に、ショープレイの代表者と長い時間の友人で過ごした。ショープレイ代表がミュージカル "ロック·オブ·エイジ"のようにすると、 "ミソル、面白いでしょう。君も曲いくつか書かなければならないじゃないか "とした。その約束が今実現したのである。

- これまで音楽監督にはよく見たが、作曲家としては久しぶりに会うようだ。

曲を最初からにしなかったわけではない。演劇はずっと毎年し、子供ミュージカルや小劇場ミュージカルも着実にした。今までずっと音楽をしたため、今回の作品で、より進化した姿を見せようとする思いだった。しかし、すべての人々が "久しぶりに曲を書く気がどうなのか"と尋ねる。(笑)大人のミュージカルに言うと、本当に久​​しぶりだ。

今回の作業が大切な理由は、一緒にスタッフがみんな友達だからだ。演出家、作家、振付師を仕事と関係なく、ベストフレンドだ。それぞれ演出家と音楽監督、振付師、作家、演出家や作家などで個別に作業をたくさんした。ミュージカル "太陽を抱く月"のような組み合わせを作ることが願いだった。呼吸が本当によく合う。コー​​ドもよく合って、作業している方もみんなよく知っている。実際に創作作業をしてみると心の傷もなく作業することがほとんど不可能である。この友人は、そのようなことが必要である。接点が外れた時はお互いに悩むこともあり、激しく議論することもある。本当にありがたい仕事であり、作品が必ずうまくいったら良いだろう。

- ミュージカル "太陽を抱く月"の練習開始時にパクインソン作家と一緒に "宦官"と "尚宮 'の衣服を着て一緒にこれらのセクションを上げるイベントをしていた。

私の作曲家と音楽監督を一緒にするようにパクインソン家も演出家と作家活動を同時にしている。ミュージカル "太陽を抱く月"は、両方の作曲家と作家としてのみ参加することになった。テキストのみを提供する人々に参加しているのは、本当に久​​しぶりだ。だから、 "よろしくお願い申し上げます"という気持ちで "宦官"と "尚宮 'の衣服を着て来て挨拶をしたのだ。私たちはこれだけしたが、あなたがよりよく作ってくれとお願いする意味であった。

- 音楽監督をするときに、作曲家のときの違いがあるか?

作曲家は創作寝て、音楽監督は李クリエイティブだ。作曲家は、テキストを作る人であり、音楽監督は、そのテキストを現実化する人である。韓国はライセンス作品が多いから音楽監督の役割が大きい方だ。作曲家はした作品の企画をとる人だから本当に大変だ。しかし、それほどの喜びがある。音楽監督は、正確には調整者である。 '音楽的疎通が幅広い人'と解釈すれば良いようだ。

"ゴールドはならないと思った"

- ミュージカルの音楽は、本当に大きな部分である。した作品を導いていかなければならないという負担はなかったか。

負担になることはある。(笑)しかし、負担感よりもときめきが大きい。その点を肯定的に考える。元の性格自体が "他人が私をどう見るか 'より'私の音楽がどれだけ良くだろうか 'に対する関心がより大きい方だ。誤解を受けたり、批判されることがありますが今心配して何に挑戦する。後で殴ら当たるとされる。正の病気というか(笑)成功と失敗に左右されないようにして、屈曲を曲げだと考える。モットーは "大したことない、大したことではない"だ。

- 今回の公演の音楽ジャンルが非常に多様であると聞いた。ミュージカル "太陽を抱く月"音楽の特徴は何ですか?

初めて音楽を作曲するときに "ゴールドはならない"と考えた。明らかなのは嫌いだ。コミカルなものではなく楽しくなければならない。今回の公演の音楽ジャンルが多様にならざるをえなかったのは音楽が多いからだ。音楽が作品の全体のリズムを司るほど劇全般に続けて流れる。観客を笑わせたし、鳴った、穏やかだった、聞いたガンをする音楽の話をしなければならない。人生の喜怒哀楽があるような場面とリズムにも喜怒哀楽がある。

今回の公演では、作曲、演出、作家、振付師統一したのが "リズム"である。お互いの分野を合わせてジリョミョンリズムが必要である。作曲が走るリズムなの振付師横になっているか、することはないじゃないか。このような点を会議で合わせていった。

- 曲作業するときにインスピレーションは、主にどこで得たか。

材料の多くを集める方だ。ミュージカル "太陽を抱く月"をすることにした場合、その感じに合わせて楽器の音を集めて下さい。それらを集めて "この曲はこの楽器を使えば良いだろう 'して配置する。後になって圧縮していくスタイルだ。というやたらわけではない。頭の中に全体像を描画し、直接ビートを作ってみ口ずさんでみる。その次に選んでおいたトーンを使ってみて録音しながら曲を作る。

- '十本の指を噛んで痛くない指がない'が、それでも愛着のある曲があるようだ。

2幕の開口部を開く "太陽を抱く月"という歌がある。ヨヌは死に、人々は悲しみに陥っている。イフォンは王になったが力がない。このとき流れる音楽のジャンルはスパニッシュだ。完全にジャンル的に解くよりも軽く感じますが与えられた。たとえば、音楽はスパニッシュなのに 'エヘイ "という合いの手が登場する。主に窓から多くのものだ。 'エヘイ "が英語にすると"ヘイ "かではないか。そのような言葉でフュージョンを試みた。 "太平聖代"の場面では、 "エヘイ 'をソウルとする。

- 作曲する時に最も気に書いたり、守ろうとした部分があるのか​​。

洗練された。私の曲が洗練されたということはありませんが気持ちはおしゃれになろうとする。(笑)個人的に等しくしたことを嫌っている。

- 最後に、観客に伝えたいことがあったら。

ミュージカル "太陽を抱く月"は、少女漫画のような作品である。観客がミュージカルを通じて、小説やドラマとはまた違う感動を抱いて行かれたら良いだろう。大衆が愛した原作の感性が、実際の目の前で繰り広げられ、歌で歌った時の相乗効果がある。そのようなことの観客が感じることができたらと思う。

[newstage 2013-05-27 11:01] 元記事はこちらから

w20130602-1.jpg w20130602-2.jpg

※いままでいろいろなお仕事を通じて現場スタッフみんな仲良しってすごいなあ。そんななかダヒョンさん、ドンソクくん、ドゥソプさんたちが初演共同作業に加わり作り上げる舞台、いよいよ今週末開幕! 音楽にも大注目です~。

‘カフェイン’日本東京開幕、ミュージカル市場韓流始まって &‘カフェイン’観劇のススメ(カテコ動画あり)


'カフェイン'が日本、東京で開幕した。

創作ミュージカル'カフェイン'は去る4月25日日本、東京、六本木に位置したアミューズ・ミュージカルシアターで開幕した。 アミューズ・ミュージカルシアターでは今後約1年間韓国創作ミュージカルをお目見えする予定であり最初の作品で'カフェイン'が日本観客に会った。 25日開幕以後初めの週末まで平均90%以上客席占有率を見せて熱い反応の中に公演を始めた。

'カフェイン'は2008年韓国で超然とした以後去る2012年CJ E&Mが製作しながらウェルメイド創作ミュージカルとして韓国観客に深い印象を残したロマンチック コメディ作品だ。 ただ二人の俳優が全体劇を引っ張っていくが若い男女の心理を貫く台詞と多様なジャンルの音楽を通じて俳優技量を思う存分見ることができる構成で集中力を失わないミュージカルだ。

ソン・ジェジュン演出が脚本と演出を引き受けたしキム・ヘヨン作曲家が作曲をした'カフェイン'は大学路(テハンノ)で製作される韓国創作ミュージカルだけの斬新さと独創性という長所を有しているという点で最初の開館作に選ばれた。

開幕当日にはアミューズ所属俳優である石田ニコルと水田航生も参加して韓国ミュージカル宣伝を応援した。 石田ニコルは"韓国ミュージカルは今回が初めてであったのに本当におもしろくて思わず大きく笑った"と明らかにした。

また、韓国ドラマtvN '隣のイケメン'に出演して顔を知らせた水田航生は"ドラマ出演のために韓国に約3ヶ月間留まった。 日本にこのように韓国ミュージカルを見ることができる場所ができて意味が深いと考える"と話した。

'カフェイン'の主人公でありアミューズ・ミュージカルシアター一番目の舞台を引き受けたユン・コンジュは"誰でも共感できる楽しい作品で日本舞台に立つことができて幸せだ"と告白した。 キム・ドヒョンは"共に拍手して共に呼吸する日本観客の姿を見て私たちの創作ミュージカルを共に楽しめるに感謝する"と打ち明けた。

900席規模客席をいっぱい埋めた観客は俳優のコミカルな演技と台詞に笑いでうなずく返事をしたし、優れた歌実力で愛を歌う場面では拍手が溢れでた。 公演が終わった後、カーテンコールの時には一様にカメラを取り出して公演の余韻を大事に保管しようと写真を撮ったし数十人の観客は起立で俳優に賛辞を送った。

また、数多くの観客は公演が終わった後にも劇場を離れないで公演に対する話に夢中になってロビーをいっぱい埋めた。 50代女観客菱沼は"俳優のボーカルが非常に良い。 ミュージカルがとても可愛くて愛らしかった"とした。 40代男観客染谷は"韓国俳優実力がやはりすごい。 映像を適切に使って新鮮だった。 また、韓国ミュージカルを見にきたい"と話して期待感を表わした。

来る4月25日から5月19日まで公演するミュージカル'カフェイン'は大学路の代表的なロマンチック コメディ ミュージカルでカップル観客に旋風的な人気を呼んできた作品だ。 愛に対する現実的ながらも暖かい話は日本観客の感性にも十分に伝えられて毎回のため好評を引き出して公演を継続している。

来る5月5日までキム・ドヒョン、ユン・コンジュが出演して5月19日までイス(キム・テハン)クウォンヨンが出演する。

[ニュースエン 2013-04-29 16:36:32] 元記事はこちらから

w20130504-1.jpg

※余力があったら~とまだアップできなかった記事、やるなら今でしょと!(爆)
キャパ900平均90%以上客席占有は開幕直後までとして(ほぼご招待)、現在は後方を黒い布で覆って500席くらいでしょうか?むしろそれくらいがちょうどいいかも、どこからでも肉眼で舞台を楽しめる距離で^^


w20130504-2.jpeg w20130504-3.jpeg w20130504-4.jpeg

今日はサイン会がありました!
ついさっきまで舞台狭しと歌って踊っていた方々が目の前に! ちょっぴりでも片言お話もできて名前入りのサインもしていただけて、ますますファンになっちゃいました。明日でこのお二人の舞台がおしまいなんて寂しすぎる(>_<) と思ったらアミューズ公式さんに嬉しいお知らせが↓

お知らせ:サイン会!大好評につき5日12:00終演後も実施!

やっぱり大盛況でした。
ユン・コンジュ、キム・ドヒョンのカフェイン出演者によるサイン会。
大好評につき、5月5日(日)12:00公演終演後もサイン会を実施します!

この日は、ユン・コンジュ、キム・ドヒョンによる「カフェ・イン」の千秋楽!
このコンビによる韓国最強のロマンティックラブコメディはこの日が最後。
当日券もご用意しています。皆様、お見逃しなく!!!


というわけで思い立ったら当日券が50枚ほどございますと!(詳細はこちら
いつかは観に行きたいなあとぼんやり思っているそこのお方、迷わず明日がその時です!
ユンコンジュさん、キムドヒョンさんペアの舞台は明日の12:00の回これきり、6日からはまた別のペアがスタートしますが何度でも観たくなるこの舞台、キャストを見比べて楽しむには明日がラストチャンスです~。

キムドヒョンさんはカフェインの直前まで演劇「王になった男」の主演を務められていた実力派! 近くのシネマートさんでは映画がまだ大ヒット上映中のビョンさまと同じ役をされたと聞けばちょっとご興味も湧かれるでしょうか(笑)。ユンコンジュさんは「天国の涙」でジュンスと、「生命の航海」でイジュンギくんやジフニと共演されたお方。この後韓国では大作「モンテクリスト」が控えてますこちらも人気女優さん、このお二人の舞台を少しの躊躇いで見逃したらもったいなさ過ぎますので~(>_<)

と、ウェルテル以降ひさしぶりに熱くおススメしてしまいました(笑)。
ステキな時間、感動を自分だけで楽しむのはもったいなくて、もっと広く知って欲しい、多くの方に伝えたい。騙されたと思って、まずはお試しにテハンノシートでも(当日のみ3000円)。明日の前半ペア千秋楽盛りあがりますよう、カーテンコールは撮影可ですのでカメラも忘れずに!

w20130504-5.jpeg

6日からは新ペア登場~。以前キムテハンというお名前で活動されていたイスさんとクウォンヨンさん。こちらも楽しみ楽しみ!って毎日六本木詣でなわたしです・・・。

ちょっこしでも気になった方、今日のカテコ動画を下にしまいます~。

"太陽を抱く月"、ミュージカルでさらに深まった愛 "の主人公は?"


国内100万部以上の販売高のベストセラー小説、視聴率42%以上を記録してドラマシンドロームを書いた<太陽を抱く月>が2013年夏、ミュージカルに上がる。

<太陽を抱く月>は仮想の朝鮮時代を背景に王と額受け巫女の愛という独特の素材を扱った作品でミュージカルでは、ドラマや小説でもフォンとヨヌの運命的な愛をより強調した。

舞台、照明、衣装は韓国の美を生かした美しい色彩で構成しており、ダンスや群舞、様々な映像は、韓国固有の情緒を現代的な感性で表現した。

想像の中の人物であるが、名実ともに朝鮮時代の最高の男、世子嬪であったヨヌを忘れない一途な純情男<イフォン>
w20130418-2.jpg 

<ラ·カージュ>、<サンファ別曲>ドラマ<武士ベクドンス>芸能<不朽の名曲>など様々な活動を続けてきたキムダヒョン]、<エリザベート>、<二都物語>、<若きウェルテルの悩み>、<ハムレット>など歌唱力を認められたミュージカル俳優チョンドンソクが一緒にする。

フォンの腹違いの兄であり、父王の庶子<陽明君>
w20130418-3.jpg 

育つわけでいつものようにフォンに譲るが胸の中に抱いたヨヌだけはそうでなくて悩んで落ちてしまう。

<兄弟は勇敢だった>、<若きウェルテルの悩み>、<ヨーロッパブログ>などで熱演したソンドゥソプと<ロックオブエイジ>、<兄弟は勇敢だった>、<シャーロック·ホームズ>、<ストーリー·オブ·マイライフ "などに2012年ミュージカル授賞式新人賞を受賞したミュージカル俳優チョガンヒョン。

フォンの初恋であり、厄受け巫女<ヨヌ>
w20130418-4.jpg

ホミンギュの娘でホヨムの妹にフォンと恋に落ちる。 しかし、陰謀のために死を偽装する必要がヘᆻゴ、自分の存在を忘れて巫女で生きていく。

'ドクトルジバゴ' 'バンジージャンプをする'外演劇やミュージカルをシームレスに行き来するチョンミドと、 "アイーダ"のアムネリス役を引き受けてミュージカル界のシンデレラに浮び上がったアンシハでキャスティングされた。

仮想の王祖治世の朝鮮時代、 太陽の運命に恵まれフォンと月の運命に恵まれたヨヌの切ない愛の物語を描いた宮中ロマンス創作ミュージカル<太陽を抱く月>

6月8日から23日まで龍仁ポウンアートホールでのプレビュー公演を経て、本公演は、7月6日から31日まで芸術の殿堂CJトワル劇場で行われる。

[ニューデイリー 2013-4-18 11:29:24] 元記事はこちらから

※人気ドラマのミュージカルで、ある程度韓流寄りなキャストになるのも覚悟してたのにこのレベルの高さ嬉しすぎる(TT) 本公演までなんて待ちきれずなんとかプレビュー公演見にいきたいなあ。

ミュージカル"太陽を抱く月"プレビューチケットオープン案内


ミュージカル"太陽を抱く月"プレビューチケットオープン案内

こんにちは。 インターパーク チケットです。

ミュージカル<太陽を抱く月>龍仁公演プレビューチケットオープン案内です。

-公演名:ミュージカル"太陽を抱く月"龍仁公演(プレビュー)
-公演期間:2013年6月8日(土)~ 23日(日)
-プレビュー公演
-公演時間:月~金pm8 /土pm3,pm7 /日pm3 /月公演無
-公演時間:(初めての公演6月8日土曜日はpm7公演だけあります)
-公演会場所:龍仁ポウンアートホール
-ランニングタイム:2時間30分(インターミッション20分含む)
-チケット価格:R 100,000ウォン/ S 80,000ウォン/ A 60,000ウォン
* プレビュー公演期間全席30%割引R 70,000ウォン/ S 56,000ウォン/ A 42,000ウォン
-観覧等級:満7才以上(未就学児童の立場不可)

-早期前売り:プレビュー30%割引+ 10%追加割引(~ 4/30まで前売り時)
-小中高生:プレビュー30%割引+ 20%追加割引(S、Aに限って)

※ソン・ヨンチャン俳優が‘ユンデヒョン’役から‘父王’役に変更されました。
※ ‘父王’役はソン・ヨンチャン、チョン・ヨンヒョン俳優がダブル キャスティングで、‘ユンデヒョン’役はチヘグン俳優がワンキャスティングで公演されます。

小説での感動が歌で満たされてドラマでの美しい映像が舞台で繰り広げられて派手な群舞と音楽で大韓民国を越えて世界を感動させるミュージカル‘太陽を抱く月’が2013年夏、始まります。

100万読者を感動させたチョンウングォル作家のベストセラー、42%という驚異的な視聴率国民ドラマで愛された‘太陽を抱く月’が1年以上の製作期間を経て6月龍仁ポウンアートホールプレビュー公演を始め7月芸術の殿堂CJトウォル劇場、8月地方ツアー、12月日本公演まで大韓民国を代表する創作ミュージカルに新たに出る。

歌、演技、容貌実力ある八色鳥魅力のミュージカル俳優キムダヒョン、チョンドンソク、ソンドゥソプ、チョガンヒョン、チョンミド、アンシハ、ソンヨンチャン、チヘグン、チェポヨン、チェヒョンソンなど近ごろめったに見ないアイドル、TVスターなしに全配役全部ミュージカル俳優でキャスティングして作品性と興行性を立証する。

韓国の伝統的なチョガクポを使った一方の水墨画を見るような舞台と韓国の情緒と美、美しい色彩を表現した衣装と照明、ポップ オーケストラを中心に多様なジャンルの創作曲らと韓国的ながらも躍動的な群舞で数多くの大型ライセンス ミュージカルと比較しても競争力がある大韓民国創作ミュージカルの底力を与える。

逆らうことはできない運命... そうだ愛だ。
2013年夏、胸がしびれた朝鮮の若い愛があなたを訪ねてきます。

キムダヒョン、チョンドンソク、ソンドゥソプ、チョガンヒョン、チョンミド、アンシハ、ソンヨンチャン、チヘグン、ヨムソンヨン、イハンソル、チェポヨン、チェヒョンソン、ソホンソクなど30人のミュージカル俳優

-原作:チョンウングォル小説‘太陽を抱く月’(波乱メディア出版)
-製作:ショープレイ、イダエンタテインメント
-主催:龍仁文化財団、エスプルレイエント
-広報:マーケティングカンパニー朝
-問い合わせ:オープンレビュー1588-5212
-公式ツイッター:https://twitter.com/musicalsunNmoon
-公式フェイスブック:http://www.facebook.com/musicalsunNmoon

[interpark 2013-04-12] 元記事はこちらから

※そんな前にキャストスケジュールまで発表されてたとは気づかずに(>_<) 表は公式ツイがツイートした見やすいこちらの画像を保存↓

w20130418-1.jpeg

それからインターパークの公演ページに注意があり(こちら)、プレビュー公演のあるホールは1~4列くらいまで段差なく、見えにくい場合があるようですので要注意~。ああいつ行こう(>_<)

Menu

プロフィール

piroringo

Author:piroringo
本体は韓ドラ「宮」&猫好き独身OL。ここは基本的に本室のミュージカルカテゴリー扱い。「ウェルテル」で頭いっぱいの萌えを鎮める受け皿としてウェルテルと韓ミュー関連韓国メディア記事を日々チェックし集めます!

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。